« 学校教育のおける政治的中立についての実態調査 | トップページ | 改憲3分の2? と野党共闘の前進?! »

2016/07/10

民主主義のための長いたたかいの一歩だな

 いまの選挙の開票というのは酷いというかすごいもので、ほぼすぐに大勢がわかってしまう。正直、あとはほとんど見る価値もないものばかりだしなあ。
 うーん。選挙結果をどう見ようか。野党共闘は、最初の出発から見ればたしかに、一歩にはなったと思うなあ。
 というか、投票率に端的にあらわれているように、そしてメディアの報道にあらわれているように、日本の民主主義は傷ついている。
 今日は、こんなニュースがあった。

自民党の選挙当日の新聞広告は選挙犯罪ではないのか(渡辺輝人)ナベテルさんの解説付き。

 ボクが感じるのは、政府を握っている自分たちがすべてを決めるという姿勢だ。日本の民主主義はそういうところにある。
 その民主主義の現状を、ほんとうの民主主義に。その一歩をふみだしたのが今度の選挙なんだ。その芽、その教訓がどこにあるのか。
 そのことを教えてくれる選挙だったのだと思うなあ。たたかいままだまだ長いのだと。

« 学校教育のおける政治的中立についての実態調査 | トップページ | 改憲3分の2? と野党共闘の前進?! »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63897755

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義のための長いたたかいの一歩だな:

« 学校教育のおける政治的中立についての実態調査 | トップページ | 改憲3分の2? と野党共闘の前進?! »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31