« シリーズ 戦争孤児 (全5巻) | トップページ | 米軍人の民間人殺害事件は復帰後13件 »

2016/07/07

「日本防衛の任務ない」 在沖縄の米海兵隊 80年代に米国防長官が議会に回答

 82年4月のワインバーガー米国防長官は米上院歳出委員会で「海兵隊で日本を守る必要があるのか」との質問に対し、「沖縄の海兵隊は日本を守るためにいるのではなく、西太平洋・インド洋へ展開するために配置している」と答弁したのはあまりにも有名な話。

「日本防衛の任務ない」 在沖縄の米海兵隊 80年代に米国防長官が議会に回答(琉球新報)

 1982年4月にワインバーガー米国防長官が米上院歳出委員会に提出した書面証言で、在沖縄の米海兵隊について「日本防衛の任務は割り当てられていない」と表明した上で、「西太平洋およびインド洋における米海軍第7艦隊の作戦領域のいかなる場所にも配備され得る」と回答していたことが分かった。在沖米海兵隊の駐留を巡っては沖縄の「地理的優位性」などが引き合いに出されるが、広く西太平洋やインド洋のどこでも機能し、さらに主な任務は「日本防衛」ではない実態が改めて示された。
 文書は6日開かれた沖縄県議会6月定例会の代表質問で、渡久地修氏(共産)が存在を質問し、県の謝花喜一郎知事公室長が国会図書館から入手し、確認したと認めた。
 文書は米国防総省が作成してワインバーガー氏が署名し、米上院の公聴会に向けて提出したもの。
 在沖米海兵隊の任務について、インド洋への配備をより増していく可能性を問う質問に対し、米海兵隊の任務は日本防衛ではなく、「それよりも」第7艦隊の構成要素として、太平洋地域を展開する特性を強調する回答をしている。
 謝花氏はこれに関連し「県は防衛省から示された在日米海兵隊の意義・役割について2度の質問を行い、回答を得たが、説明は十分でなく、政府は丁寧な説明を行うべきだと考えている」と述べた。
 翁長雄志知事も「米海兵隊について、ワインバーガー氏が日本を守るためではないという発言もあった」とあらためて答弁し、米海兵隊の沖縄駐留に疑問を呈した。

 あらためて、確認されたわけ。なぜ、海兵隊が日本にいるのかは、やっぱりくり返し言っていかなければならないのだ!

« シリーズ 戦争孤児 (全5巻) | トップページ | 米軍人の民間人殺害事件は復帰後13件 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63882997

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本防衛の任務ない」 在沖縄の米海兵隊 80年代に米国防長官が議会に回答:

« シリーズ 戦争孤児 (全5巻) | トップページ | 米軍人の民間人殺害事件は復帰後13件 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31