« 東電「完全凍結は困難」 第一原発凍土遮水壁 規制委会合で見解 | トップページ | 辺野古崎、遺跡に決定=普天間移設に影響-沖縄 »

2016/07/21

政府、沖縄県提訴の方針表明 普天間移設問題

 結局、話し合う気はない、沖縄の声を聞く気がない。

政府、沖縄県提訴の方針表明 普天間移設問題(朝日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の負担軽減策などについて政府と沖縄県の幹部らが話し合う、政府・沖縄県協議会と普天間飛行場負担軽減推進会議が21日午前、首相官邸で開かれた。翁長雄志(おながたけし)知事と菅義偉官房長官らが出席。菅氏は同県名護市辺野古への移設計画をめぐり、県を相手取って地方自治法に基づく違法確認訴訟を起こす方針を表明した。
 政府は22日付で、福岡高裁那覇支部に提訴する。辺野古沿岸部の埋め立て承認を翁長知事が取り消し、撤回を求める国土交通相の是正指示に従わないのは不法だと訴える。
 会合後、翁長氏は記者団に「話し合いでなく直ちに提訴になり、非常に残念だ。県の対応を検討する」と述べた。負担軽減推進会議は普天間の5年以内の運用停止に向けた取り組みが主なテーマで、翁長氏が知事に就任してから初めての開催。基地負担軽減策を話し合う政府・沖縄県協議会は、今年3月以来だった。

 結局は、こういうことであるのは、この間の政府の対応からも明らかなのではあるが。選挙で再び県民の意思が示されても、やるのは報復。基地周辺の学校の冷房化の予算を削減するということからはじまって、高江への強権。そもそも、高江ですすめられるのは、オスプレイパッド。それは、辺野古の新基地と連動しているわけなのに、強権的にすすめる。それは、辺野古への姿勢というわけだ。絶対に許せない!

« 東電「完全凍結は困難」 第一原発凍土遮水壁 規制委会合で見解 | トップページ | 辺野古崎、遺跡に決定=普天間移設に影響-沖縄 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63945668

この記事へのトラックバック一覧です: 政府、沖縄県提訴の方針表明 普天間移設問題:

« 東電「完全凍結は困難」 第一原発凍土遮水壁 規制委会合で見解 | トップページ | 辺野古崎、遺跡に決定=普天間移設に影響-沖縄 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30