« 内閣支持率56%に上昇、サミット外交評価 本社世論調査 | トップページ | 中国人強制連行 和解 三菱マテリアルが謝罪 »

2016/06/02

戦争に抗する――ケアの倫理と平和の構想

Photo 死ぬほど難しかった。こういう理論書は、やっぱり眠たくなる。だけど、おもしろかった、岡野さんの民主主義と立憲主義の理解がとても動的で、久しぶりにしっくりきた議論。民主主義に敵対する安倍さんの政治だが、人がかけがえのない存在として自分の生を生きるという「個人の尊厳」を基礎に、民主主義が、自然権という名の下で、弱者への排除を覆い隠すことへの反省と批判をせまる。そして、民主主義とともに、そうした生を支える知恵として生み出された立憲主義は、主権の存在が圧倒的な国会による暴力を独占を基礎に、それとの緊張関係を明らかにし、あらためて民主主義のあり方を問う。そして、国会の最大の暴力に、いかに抗していくのか。民主主義のあり方と、それを支える思想の内実を問いかける、そんな感じの本だったけど。どこまで理解ができたのかはわかんないけど、面白かった。


« 内閣支持率56%に上昇、サミット外交評価 本社世論調査 | トップページ | 中国人強制連行 和解 三菱マテリアルが謝罪 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63721319

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争に抗する――ケアの倫理と平和の構想:

« 内閣支持率56%に上昇、サミット外交評価 本社世論調査 | トップページ | 中国人強制連行 和解 三菱マテリアルが謝罪 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30