« 内閣支持46.1%に微減=不支持は4.5ポイント増-時事世論調査 | トップページ | NNN 読売 毎日の世論調査 »

2016/06/19

沖縄戦収容所 消えぬ記憶 孤児たち次々衰弱死

 浅井さんが『沖縄戦と孤児院』で、戦後の沖縄の孤児院では、ネグレクト死が多かったことを明らかにしている。しかも、サイパンの経験で、どのようにしたら子どもたちが助かるかを知っていつつ、それよりも、軍による統治と戦争を優先したということ。それは、収容所でも同じだったわけで。孤児院はもともと、収容所につくられたわけだし。

沖縄戦収容所 消えぬ記憶 孤児たち次々衰弱死(東京新聞)

 沖縄戦では、米軍保護下にあった民間人収容所でも多くの死者を出した。特に犠牲が大きかったのは、米軍の攻撃からの逃避行中に親と死に別れ、戦争孤児となった幼子たちだった。収容所に送られた体験者は「衰弱して死んでいった子どもたちの姿が忘れられない」と語る。
 七十一年前の七月、当時二十歳だった本村つるさん(91)=那覇市=は、胡差(こざ)(現沖縄県沖縄市)にあった収容所にいた。その一角にあった孤児院の中の光景が、今も脳裏に浮かぶ。
 「瓦ぶきの民家と農作物の倉庫などを改造した孤児院の中は、ベニヤ板に仕切られた狭い部屋がいくつもあり、孤児たちが床に寝かされていました」
 陸軍病院の看護要員として学徒動員された本村さんは、その十日ほど前、教師や他の女学生とともに米兵に捕らえられた。別の民間人収容所で看護師として一週間ほど働いた後、二十人ほどの戦争孤児たちとともに、トラックで胡差まで運ばれた。
 当時、米軍は各地の民間人収容所内に計十三カ所の孤児院を設置し、親を失った子どもを収容していた。胡差の孤児院も、その一つだった。
 本村さんは「子どもたちは下痢が続いている状態で、汚れた部屋を水で流すのが最初の仕事でした」と振り返る。
 胡差の収容所では、五百四十人の収容者が死亡したが、そのうちの四割近い二百八人は孤児だった。
 その胡差の孤児院にいたのが、当時八歳だった神谷洋子さん(79)=同県うるま市。家族との逃避行の途中、潜んでいた壕(ごう)の入り口付近に爆弾が落ち、母と弟を失った。戦場をさまよう中、米兵に保護されトラックで孤児院に送られてきた。
 「仏壇の前の狭いスペースに、十歳未満の孤児五~六人と一緒だったのを覚えている。首から下げたおわんにおかゆやミルクを出されたが、みんな衰弱していた」と神谷さんは当時の記憶をたどった。
 本村さんは一九四六年一月まで、孤児院内に開設された小学校の教師も務めた。
 「戦争さえなければ、あの子たちは親元で育てられていたはずなのに…。今でも悔しい思いでいっぱいです」 

 こうした証言も、沖縄戦と戦後を問いかけている。軍隊は住民の命を守らないということ。

« 内閣支持46.1%に微減=不支持は4.5ポイント増-時事世論調査 | トップページ | NNN 読売 毎日の世論調査 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63803060

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄戦収容所 消えぬ記憶 孤児たち次々衰弱死:

« 内閣支持46.1%に微減=不支持は4.5ポイント増-時事世論調査 | トップページ | NNN 読売 毎日の世論調査 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30