« 沖縄戦収容所 消えぬ記憶 孤児たち次々衰弱死 | トップページ | 沖縄県民大会、6万5千人が追悼 海兵隊の撤退求める 被害者の父がメッセージ »

2016/06/19

NNN 読売 毎日の世論調査

 公示直前。世論調査を3つ。野党共闘が少しは影響してきているのか

NNN世論調査 安倍内閣支持率43.3%(Nテレニュース)

 NNNが17~19日に行った世論調査で、安倍内閣の支持率は前の月からほぼ横ばいの43.3%だった。
 世論調査で安倍内閣を「支持する」と答えた人は前月比0.8ポイント増の43.3%。一方、「支持しない」は2.4ポイント増の39.5%だった。また、「わからない・答えない」は前月比3.2ポイント減の17.2%だった。
 政党支持率では自民党が37.9%(前月比1.2ポイント減)だったのに対し、民進党は13.5%(前月比6.1ポイント増)と依然、水をあけられているものの初めて10%を超えた。一方で支持政党なしと答えた人は35.7%(前月比1.7ポイント減)だった。
 また、近いうちに憲法を改正するかどうかが参議院選挙の「重要な争点になる」と答えた人は55.9%だった。「争点になると思わない」は30.1%、「わからない・答えない」は14.1%だった。
 その上で、憲法改正を目指す勢力が国民投票の提案が可能となる3分の2以上の議席を得ることについては「期待しない」との答えが50.9%と、「期待する」(35.3%)を上回った。「わからない・答えない」は13.8%だった。
 一方で、消費税率10%への引き上げを再延期した安倍首相の判断について55.7%の人が「支持する」としており、「支持しない」は35.5%、「わからない・答えない」は8.8%だった。

比例投票先、自民35%・民進12%…読売調査(読売新聞)

 読売新聞社は17~19日、参院選公示を前に全国世論調査を実施した。
 参院比例選での投票先は、自民党が35%でトップを保ったが、前回調査(6月3~5日)の42%から7ポイント下落した。民進党は12%(前回11%)とほぼ横ばいで、公明党、おおさか維新の会の各7%、共産党の4%などが続いた。安倍内閣の支持率は49%で前回の53%からやや下がった。不支持率は38%(同35%)となった。
 自民党の比例選投票先の数値や内閣支持率が低下したのは、政治資金の私的流用問題で辞職する舛添要一・東京都知事を自民党が知事選で支援したことや、欧州連合(EU)からの英国離脱の懸念による最近の円高、株安などが影響したとみられる。
安倍内閣の経済政策を「評価する」とした人は36%(前回44%)に下落し、この質問を始めた2013年6月以降で最も低かった。「評価しない」は45%(同44%)。安倍内閣のもとで景気回復を「実感している」は17%で、「実感していない」が74%と依然として多数を占めている。舛添氏の辞職を「当然だ」と答えた人は84%に上り、「必要はなかった」の11%を大きく上回った。
 参院選で民進、共産、社民、生活の野党4党が改選定数1の選挙区で候補者を統一したことを「評価する」は40%、「評価しない」は36%と見方が分かれた。
 参院選の結果、自民党と公明党の与党が、参議院で過半数の議席を「維持する方がよい」は49%で、「そうは思わない」の36%を上回った。一方、参院選で憲法改正を目指す勢力が参院の3分の2以上の議席を「確保する方がよい」は40%で、「そうは思わない」が44%だった。
 参院選で最も重視したい政策や争点は「年金など社会保障」の34%が最も多く、「景気や雇用」の26%、「子育て支援」の13%などが続いた。
 政党支持率は、自民党が35%(前回40%)、民進党が9%(同6%)、公明党が4%(同3%)などの順。無党派層は40%(同44%)だった。

本社世論調査 アベノミクス「見直すべきだ」61%(毎日新聞)

 毎日新聞は18、19両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は5月の前回調査から7ポイント減の42%、不支持率は6ポイント増の39%。安倍政権の経済政策「アベノミクス」を「見直すべきだ」という回答は61%で、「さらに進めるべきだ」の23%を上回った。
 前回調査は直前に主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)やオバマ米大統領の広島訪問などがあり、内閣支持率が上昇した。今回、こうした外交の効果は薄れ、支持率は3、4両月の水準に戻った。
 安倍晋三首相は22日公示の参院選でアベノミクスの成果を中心に訴えようとしている。内閣支持層ではアベノミクスを「さらに進めるべきだ」が50%、「見直すべきだ」が35%だった。これに対し、不支持層では「見直すべきだ」が89%を占めた。アベノミクスへの不満が支持率を押し下げたとみられる。
 消費税率10%への引き上げを2019年10月まで2年半延期することについては「賛成」61%、「反対」26%だった。首相が延期の理由を「世界経済が大きなリスクに直面している」と説明したことには、「納得しない」が60%に上り、「納得する」は28%にとどまった。
 内閣支持層では説明に「納得する」(45%)と「納得しない」(42%)が拮抗(きっこう)したが、不支持層では「納得しない」が84%に達した。増税延期に賛成した人の54%は「納得しない」と答えており、延期の賛否にかかわらず、首相の説明は不十分だという受け止めが多い。
 消費税率引き上げで増える税収は、社会保障の充実策に使うことになっている。増税延期によって充実が「難しくなったと思う」は53%だった。政党支持率は自民31%▽民進10%▽共産5%▽公明4%▽おおさか維新3%−−など。「支持政党はない」は34%だった。


« 沖縄戦収容所 消えぬ記憶 孤児たち次々衰弱死 | トップページ | 沖縄県民大会、6万5千人が追悼 海兵隊の撤退求める 被害者の父がメッセージ »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63803116

この記事へのトラックバック一覧です: NNN 読売 毎日の世論調査:

« 沖縄戦収容所 消えぬ記憶 孤児たち次々衰弱死 | トップページ | 沖縄県民大会、6万5千人が追悼 海兵隊の撤退求める 被害者の父がメッセージ »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30