« 子ども理解と現代社会 | トップページ | 沖縄戦と孤児院 戦場の子どもたち »

2016/05/23

来月19日にも県民大会 95年と同規模、超党派模索

 うーん。行きたいなあ。だけど、月刊雑誌編集者は、そのときにそこにいるのは仕事でない場合が多いから。

来月19日にも県民大会 95年と同規模、超党派模索(琉球新報)

 米軍属女性死体遺棄事件を受け、名護市辺野古の新基地建設阻止を掲げる「オール沖縄会議」は22日、緊急幹事会を開き、抗議の県民大会を6月にも開催することを確認した。超党派による開催とすることも模索する。関係者によると、開催日は6月19日を軸に調整している。主催者発表で8万5千人が集まった1995年の米兵による少女乱暴事件に対する県民総決起大会と同規模を念頭に、開催場所についても検討を進める。
 今月25日には米空軍嘉手納基地第1ゲート前で3千人規模の緊急抗議集会を開催することも決めた。

 厳しく、激しい翁長知事の言葉。安倍さんの「やれることな何でもやる」とは、「やれないことは何もやらない」に聞こえると。翁長さんが米大統領との面会設定を求めたことに菅義偉官房長官が困難との認識を示したことに、「在日米軍を支える県民の思いを心の中に押し込めることができないくらい爆発状態だ」と。そして、「日米安全保障体制を一番支える沖縄の人権や自由(の確保)を、これまでの日米両政府がどれだけ目に見える形でやってくれたのか」とも。

 うーん、問題は、どんな企画をするのかってこと。怒りと、そして相手に切り込むような鋭い論点について、いろいろ頭のなかをいろいろなことがグルグルめぐる。

« 子ども理解と現代社会 | トップページ | 沖縄戦と孤児院 戦場の子どもたち »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63675097

この記事へのトラックバック一覧です: 来月19日にも県民大会 95年と同規模、超党派模索:

« 子ども理解と現代社会 | トップページ | 沖縄戦と孤児院 戦場の子どもたち »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31