« <「希望この手に」シンポに寄せて>3 息の長い支援必要 | トップページ | みさとこどもまつり2016 »

2016/05/20

<奨学金>宮城の私大生「返済に不安」9割超

 若者の不安がどれだけ重たいものか。よくよく考える必要があるんだろうなあ。

<奨学金>宮城の私大生「返済に不安」9割超(河北新報)

 宮城県内の私立大3校の学生約540人を対象に、弁護士らでつくる「みやぎ奨学金問題ネットワーク」が実施したアンケートで、奨学金利用者の9割超が返済に不安を抱いていることが分かった。ネットワークは給付型奨学金の導入を訴え、21日午後1時半から仙台市青葉区の市市民活動サポートセンターでシンポジウムを開く。
 実家の経済状況について「あまりゆとりがない」「全然ゆとりがない」と答えたのは、48.6%に当たる261人。奨学金は50.5%(267人)が利用し、「利用していたがやめた」と答えた学生も3人いた。
 奨学金の種類は84.6%(263人)が貸与型で、教育ローンなどと併用する学生も。将来の返済を巡っては、貸与型の学生のうち、91.8%(235人)が「心配」「やや心配」と回答した。
 奨学金制度について「現行のままで良い」は、全体の21.4%(66人)にとどまり、50.2%(155人)が国や自治体による給付型の創設を要望。学生が卒業後、一定の所得以下だった場合に返済を配慮する制度を求める回答も、28.5%(88人)に上った。
 自由記述では「仕事に就けなかった場合の返済が不安」「40歳近くまで返済が続くことへの不安」「勉強の時間を考えるとアルバイトはこれ以上増やせない」「返済が終わってからでないと結婚したくない」などの意見が寄せられた。
 ネットワーク共同代表の佐藤滋東北学院大准教授(地方財政論)は「貸与型奨学金制度は将来の借金で、在学中から返済におびえる学生が少なくないことが分かった。給付型奨学金の制度を早期に導入する必要がある」と強調している。
 アンケートは佐藤准教授が東北学院大と仙台白百合女子大、宮城学院女子大の3校の学生を対象に昨年11~12月に実施した。

 ネットワークのHPはここ。 そのうちアンケート結果はアップされるのでは。
 これだけ高学費ということになれば、その学費を担える家庭はかなり限られてくる。しかし、一方で、高卒と大卒では、相当な雇用と給与の格差が存在する。だけど、たとえ、大学にいったとしても、就職できるかどうかは、かなり不安定の要素も存在する。しかも、中退というリスクも存在する。ところが、奨学金は、ローン化している。給付型奨学金の導入もまたしても先送りの気配が強い。そういうなかで、不安が高まるのは当然だ。しかも、具体的な要素があれば、当然、ほんとうに押しつぶされるぐらいの不安のなかを生きざるをえなくなる。ほんとうに、この不安の大きさ、重さを、しっかり見ないと。

« <「希望この手に」シンポに寄せて>3 息の長い支援必要 | トップページ | みさとこどもまつり2016 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63657794

この記事へのトラックバック一覧です: <奨学金>宮城の私大生「返済に不安」9割超:

« <「希望この手に」シンポに寄せて>3 息の長い支援必要 | トップページ | みさとこどもまつり2016 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31