« JR東中野駅前 視覚障害者が渡れぬ信号 | トップページ | 石綿調査、国補助終了へ…解体ピークはこれから »

2016/04/10

ホームレス 夜間巡回調査で都が把握の3倍以上

 うーん。これもなあ。実数は統計よりはるかに多いということか?

ホームレス 夜間巡回調査で都が把握の3倍以上(NHKニュース)

 路上や公園などで生活するいわゆるホームレスの人たちは東京の新宿、渋谷、豊島の3つの区では都が把握している3倍以上に上るという調査結果を大学生院生などのグループがまとめました。グループでは「東京オリンピックで世界から注目される今こそ、支援策を充実させるべきだ」と訴えています。
 これは、東京工業大学の大学院生などのグループがことし1月、新宿区、渋谷区、豊島区のターミナル駅や周辺の公園などを夜間巡回してホームレスの人たちの数を調べたものです。東京都の調査は昼間に限られているため、グループでは日中働いたり、街頭を移動したりしている人も含めた実態を把握しようと、夜間に調査を行いました。
10日、東京都内で開かれた報告会では新宿・渋谷・豊島の3つの区で確認されたホームレスの人たちは671人で、去年1月の都の調査結果の3倍以上に上り、これを基に推計すると23区全体では3000人に達するとみられると報告されました。グループでは夜間の調査を継続的に行って詳しい実態をつかみ、支援を強化することが必要だと提言しています。
 調査を行ったグループの北畠拓也さんは「東京オリンピックを控え、世界中から注目される今こそ、ホームレスなど苦境にある人への支援を充実すべきだ」と話しています。
社会ニュース一覧へ戻る

 調査グループのHPはここ。

« JR東中野駅前 視覚障害者が渡れぬ信号 | トップページ | 石綿調査、国補助終了へ…解体ピークはこれから »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63467415

この記事へのトラックバック一覧です: ホームレス 夜間巡回調査で都が把握の3倍以上:

« JR東中野駅前 視覚障害者が渡れぬ信号 | トップページ | 石綿調査、国補助終了へ…解体ピークはこれから »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30