« 安保法違憲、市民500人が提訴 東京地裁に第1陣 | トップページ | 炎のメモリアル »

2016/04/27

「まるで詐欺」怒る選定校 「スーパーグローバル大学」構想

 いやあ、なんかもうねえ。一体全体……。

「まるで詐欺」怒る選定校 「スーパーグローバル大学」構想(朝日新聞)

 大学の国際競争力強化を狙った「スーパーグローバル大学」(SGU)構想。文部科学省の肝いりで始まったが、選ばれた大学が不満を募らせている。国の支援が想定より少ない上、予定していなかった仕事も次々発生しているからだ。
 「まるで『SGU詐欺』だ」。東日本の大学トップは「びっくりするほど支援の額を値切られた」と話す。
 SGUは世界に通用する研究や国際化を進める大学を重点支援するため、文科省が2014年に募集。104大学が計画を提出し、37大学が選ばれた。「世界ランキングトップ100を目指す力のある大学」(タイプA)は最大で年5億円、「グローバル化を牽引(けんいん)する大学」(タイプB)は最大年3億円を、それぞれ最長10年間支援する。
 だが、15年度の平均支援額は、タイプAが2億8800万円、タイプBは1億3100万円。1億円未満も5大学あった。「あれだけぶち上げておいてこれか」(西日本の大学)。「今も納得していない。でも、『文部科学省さま』に文句は言えない」(関東の私大)。……

 そもそも、どこまで本気で推進する気があったのか???

 だけど、グローバル人材なんて発想は財界の発想。だけど、そもそも、財界に、将来を見通して構想するような力があるのか。目先の利益に汲々とする姿は、東芝をはじめ、日本のリーディング産業だった、電機分野に典型的にあらわれているではないか。

 その結果、大学はいったいどうなるというのか?

« 安保法違憲、市民500人が提訴 東京地裁に第1陣 | トップページ | 炎のメモリアル »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

というよりは、若者たちには、「財界に黙ってしがみついてくれるだけの間抜け社員となって、グローバル競争により、多額のお金をだまし取られた相手に対しては、被害額を取り戻してやると言っておきながら、その被害額をちゃっかりと「ネコババして取り返せ」なんていうボロを自ら白状してくれたのではないか、と見透かせば、もう怒りというものを通り越して、ただただ聞いて呆れるばかりとしか言いようがないのですが?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63544216

この記事へのトラックバック一覧です: 「まるで詐欺」怒る選定校 「スーパーグローバル大学」構想:

« 安保法違憲、市民500人が提訴 東京地裁に第1陣 | トップページ | 炎のメモリアル »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30