« 認可外保育所の利用料 月5000円軽減へ 待機児童対策の効果は限定的 | トップページ | 生活保護費 プリペイド制を取りやめ 大阪市、利用低迷で »

2016/04/13

不当な追い出し行為に賠償命令 家賃滞納で玄関に錠

 これはうれしいニュース。事件の内容を詳細に知りたいところ。住の貧困の問題は、貧困においてもとても重要な課題だから。

不当な追い出し行為に賠償命令 家賃滞納で玄関に錠(共同通信)

 家賃滞納を理由に、玄関ドアに錠を取り付けて入れなくするなどしたのは不当な「追い出し行為」だとして、東京都の40代男性が山口県岩国市の家賃保証会社「ラインファクトリー」に330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は13日、同社に55万円の支払いを命じた。
 判決によると、男性は2009年1月、同社を連帯保証人として神奈川県海老名市のアパートに入居。仕事を辞め、昨年3、4月の家賃計8万円を滞納したところ、同社は錠を取り付けた上、家財を無断で処分し、男性は9日間公園やファストフード店で過ごした。

 林治弁護士は「取り立て行為でも、お金の場合は規制があるのに、家賃の場合は野放しという感じ。追い出しは今も続く問題であり、罰則を伴う法律が必要だ」とも。

« 認可外保育所の利用料 月5000円軽減へ 待機児童対策の効果は限定的 | トップページ | 生活保護費 プリペイド制を取りやめ 大阪市、利用低迷で »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63482996

この記事へのトラックバック一覧です: 不当な追い出し行為に賠償命令 家賃滞納で玄関に錠:

« 認可外保育所の利用料 月5000円軽減へ 待機児童対策の効果は限定的 | トップページ | 生活保護費 プリペイド制を取りやめ 大阪市、利用低迷で »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30