« 嘉手納騒音4万7685回 2015年度2757回増 苦情最多 | トップページ | JR東中野駅前 視覚障害者が渡れぬ信号 »

2016/04/10

国際市場で逢いましょう

Sub1_large 大ヒットした映画をやっと観た。なかなか、評価が難しいなあ。韓国には、民族的と言っていいような体験がある。朝鮮戦争、戦後の貧困、そしてベトナム戦争というその体験がベースとなったもの。そのなかで、家族のために生きた人の物語。ある意味でナショナルな映画だけど。だけど、それは国家ベースのものでは決してなく、まさに民族的体験。うーん。決して、政治的な背景にはふれない。実際に生きた人は、複雑で、さまざまな政治的な葛藤のもとに生きている。そして、さまざまな抵抗もあったはず。だけど、それが家族の物語に変換されてる。それでも、戦後の歴史は、決して、国家の物語ではなかった。そういう主張でもある。うーん。その家族の歴史は、あまりにも切なくもあるのだ。
 いまの時代は、家族であることは、ある意味とてもつらい時代だと思う。それでも、なぜ家族を描くのだろうか。他人のために生き、それが認められたいというのは、いまも通じる心情。だけど。せいいっぱい生きるその姿は、やっぱ切ない。やっぱり、観ていて泣くよなあ、この映画は。うーん。
 


« 嘉手納騒音4万7685回 2015年度2757回増 苦情最多 | トップページ | JR東中野駅前 視覚障害者が渡れぬ信号 »

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63467275

この記事へのトラックバック一覧です: 国際市場で逢いましょう:

« 嘉手納騒音4万7685回 2015年度2757回増 苦情最多 | トップページ | JR東中野駅前 視覚障害者が渡れぬ信号 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30