« 「辺野古反対」58% 普天間固定化「認めぬ」68% 県民意識調査 | トップページ | ここまで進んだ!格差と貧困 »

2016/04/01

花、香る歌

Main_large_2 朝鮮時代末期。母を亡くした少女チン・チェソン(スジ)は、偶然にも村で耳にした民俗芸能パンソリのヒロインに自らの人生を重ねて号泣する。「涙のあとは笑顔。それがパンソリだ。」と優しく教えてくれたのは大家シン・ジェヒョ(リュ・スンリョン)だった。チェソンは、そのときパンソリの唄い手になることを決意する。しかし、当時は女性が唄うことは、固く禁じられていた。チェソンは性別を偽りジェヒョのもとで修業を積む。1867年、時の権力者・興宣興宣大院君(キム・ナムギル)が主催した宴に、危険を冒して臨むが…。

 前半は、歌い手をめざすチェソンの真っ直ぐな、凛とした姿。後半は、狂おしいほど切ない2人の思い。「国民の初恋」のスジが見事に演じきる。大院君の専制の時代、翻弄されながら、民の歌としてのパンソリにかける登場人物たちの思いも重ね合わせながら。春香歌、沈清歌という2つのパンソリの物語を絡ませて。うーん、おもしろかった。これは、おすすめ。

 今年は、 「建築学概論」のソヨンの家にも行ったしね。「桃李花歌」のメロディーが口をつく。

« 「辺野古反対」58% 普天間固定化「認めぬ」68% 県民意識調査 | トップページ | ここまで進んだ!格差と貧困 »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63426833

この記事へのトラックバック一覧です: 花、香る歌:

« 「辺野古反対」58% 普天間固定化「認めぬ」68% 県民意識調査 | トップページ | ここまで進んだ!格差と貧困 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31