« 憲法改正「3分の2を得られるものから」 首相が言及 | トップページ | 子育て貧困世帯20年で倍増 収入が生活保護費下回る »

2016/03/01

認知症JR事故、家族に監督義務なし 最高裁で逆転判決

 まずは、ホッとする判決だけど。

認知症JR事故、家族に監督義務なし 最高裁で逆転判決(朝日新聞)

 愛知県大府市で2007年、認知症で徘徊(はいかい)中の男性(当時91)が列車にはねられて死亡した事故をめぐり、JR東海が家族に約720万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第三小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日、介護する家族に賠償責任があるかは生活状況などを総合的に考慮して決めるべきだとする初めての判断を示した。
 そのうえで今回は、妻(93)と長男(65)は監督義務者にあたらず賠償責任はないと結論づけ、JR東海の敗訴が確定した。高齢化が進む中で介護や賠償のあり方に一定の影響を与えそうだ。
 民法714条は、重い認知症の人のように責任能力がない人の賠償責任を「監督義務者」が負うと定めており、家族が義務者に当たるのかが争われた。JR東海は、男性と同居して介護を担っていた妻と、当時横浜市に住みながら男性の介護に関わってきた長男に賠償を求めた。
 民法の別の規定は「夫婦には互いに協力する義務がある」とも定めるが、最高裁は「夫婦の扶助の義務は抽象的なものだ」として妻の監督義務を否定。長男についても監督義務者に当たる法的根拠はないとした。
 一方で、監督義務者に当たらなくても、日常生活での関わり方によっては、家族が「監督義務者に準じる立場」として責任を負う場合もあると指摘。生活状況や介護の実態などを総合的に考慮して判断すべきだ、との基準を初めて示した。
 今回のケースにあてはめると、妻は当時85歳で要介護1の認定を受けていたほか、長男は横浜在住で20年近く同居していなかったことなどから「準じる立場」にも該当しないとした。
 結論は5人の裁判官の全員一致。ただ、うち2人は長男は「監督義務者に準じる立場」に当たるが、義務を怠らなかったため責任は免れるとの意見を述べた。…

 ただでさえ、困難は家族に沈殿する。その背景にあるのは、自己責任、家族責任の論理。それにとらわれることなく、良識的な判断を最高裁はしたわけだけど。それだけに、これは痴呆の問題にとどまらない。困難を支えるのはだれなのか。でもなあ、5人の裁判官のうち2人は長男は「監督義務者に準じる立場」に当たるが、義務を怠らなかったため責任は免れるとの意見を述べたという。うーん。がんばらないと、許されないという人がやっぱり多いんだよなあ。

« 憲法改正「3分の2を得られるものから」 首相が言及 | トップページ | 子育て貧困世帯20年で倍増 収入が生活保護費下回る »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

民法の別の規定は「夫婦には互いに協力する義務がある」とも定めるが、最高裁は「夫婦の扶助の義務は抽象的なものだ」として妻の監督義務を否定。長男についても監督義務者に当たる法的根拠はないとした。

これこそが、最高裁においての主訴であるとするならば、
「JR東海は、男性と同居して介護を担っていた妻と、当時横浜市に住みながら男性の介護に関わってきた長男に賠償を求めた。」ということ自体が、自らが損したくないし、あるいは、このJR東海の中で、自らはこの責任からのがれたいがためにごまかそうとする連中が存在するのか、いずれにせよ、このJR東海が自ら解決すべき課題でもあるのではないかと見受けられるというのが、キャリアコンサルタントからみた、このJR東海そのものに対する本質的な見立てそのものではないかと見受けられるのだとするならば、この最高裁による逆転敗訴により、JR東海に対しては、もう自らがどんどん涙を流し続けながら、どんどん敗北を認め、どんどん損することになろうとも、どんどん泣き寝入りすることもまた誇りとして、どんどん良いロールモデルとして見せ付けて下されば、私たち日本人としては、天皇陛下と共に、そっと静かに、暖かく見守りながら、認知症にかぎることなく、このような悲惨な事故をどんどん減らしていくことにより、再発防止に繋がるのならば、もう産業競争力なんかどんどん衰退し、日本経済については、もう多極化の流れの中で、どんどん沈没させることになろうとも惜しくはありませんから、どうぞ誇りを持って、どんどん涙を流し続けながら、それこそリニアモーターカーをロシアに売り飛ばすならば、この見返りとしてもらったお金を、厚生労働省にでも寄付をして、厚生労働省による地域包括支援システムに基づき、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来るような日本社会に大きく改善して行くことにより、これこそを、国際社会に向けて良いロールモデルとして、どんどん見せ付けていくことを誇りとして恩返しをして頂くことで、涙を流し続けながらも深く感謝をして応えて頂ければ、もうこれだけで十分ですから、ということで受け止めていくしかございませんね。

ロシアにしてみれば、それこそシベリア鉄道の高速化ということにどんどん活かしていくのであれば、ドイツやフランス、イギリス、イタリアなどの欧州諸国と、カナダやオーストラリア、アメリカや韓国と共に、誇りを持って協力していくことで、この見返りとして、それこそ北方領土問題の解決を図るのであれば、歯舞諸島と色丹島については速やかに日本に返還して頂ければ、千島列島については、棚上げ合意とすることで、この国後島や択捉島に、こうした認知症などによる高齢者の皆様のための介護老人ホームや老人介護施設を作るのならば、大いに結構なことですので、こうした高齢者の皆様が多額のお金を騙し取られることもなく、安心して老後生活を送って頂く事を、仕事理解に繋がる目標と方策の一つとするならば、それこそKGBなどで活躍されていた女性スパイを介護職員として活躍して貰うということであれば、プーチン大統領にしてみれば、簡単に出来ることだし、それこそキャリアコンサルタントとして、誇りを持って、プーチン大統領の背中を押していくことで、北太平洋上における安全保障の担保を取ることを目的とするならば、それこそカナダやメキシコと共に、北太平洋安全保障条約により担保を取ることで、ロシアにとってのメリットに繋がると同時に、カナダやメキシコにとってのメリットにもなり、アメリカにとってのメリットにもなり、日本全体にとってのメリットにも繋がる結果となれば、日米安全保障条約そのものを、この北太平洋安全保障条約にそっくりそのまま移行させるという逆転の罠として利用することにすれば、韓国や中国、北朝鮮に対しても、良いロールモデルとして示していくことにすれば、オーストラリアやASEAN諸国が、この北太平洋安全保障条約に入ることにより、南シナ海や南沙諸島にしても、この北太平洋安全保障条約により担保を取ることが出来るようになれば、結果的には、中国による第2列島線から第1列島線の間の海域が、この北太平洋安全保障条約による緩衝海域となることで、アジア太平洋地域全体のメリットに繋がる結果となれば、大いに結構なことなのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63287143

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症JR事故、家族に監督義務なし 最高裁で逆転判決:

« 憲法改正「3分の2を得られるものから」 首相が言及 | トップページ | 子育て貧困世帯20年で倍増 収入が生活保護費下回る »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31