« 自衛隊員救出作戦で「敵を射殺」 防衛省内部文書、共産追及 | トップページ | 認知症JR事故、家族に監督義務なし 最高裁で逆転判決 »

2016/03/01

憲法改正「3分の2を得られるものから」 首相が言及

 とにかく明確に改憲をぶち上げるという腹なのだと思うのだけど…。

憲法改正「3分の2を得られるものから」 首相が言及(朝日新聞)

 安倍晋三首相は1日の衆院予算委員会で、憲法改正について「(改憲発議に必要な)3分の2を得ることができるもの(項目)から取り組んでいきたい」と述べ、重ねて強い意欲を示した。公明、おおさか維新が改憲への考え方を示しているとして、自民党の憲法改正草案にある文言を修正する可能性にも言及した。
 首相は今夏の参院選で、憲法改正を争点に掲げる考えを改めて示したうえで、「3分の2の確保は与党だけでは無理。多くの議員の支持がなければ難しい」と指摘。「公明、おおさか維新も憲法改正について考え方を一部示しているが、我々の憲法改正草案通りに一字一句ということにはならない。3分の2を形成していく中で、様々な意見や修正をとり入れながら努力していく」と述べた。
 質問した民主党の緒方林太郎氏は、首相の姿勢を「改憲をやるためにやるもの。お試し改憲だ」と批判。これに対し、首相は「お試し改憲というのはまさにレッテル貼りだ。我々は憲法改正草案を示している。しかし、政治の現実を私たちは知っている。3分の2を得ることができるものから(改正する)というのは当たり前だ」と反論。草案の文言修正については「自民党の議論に沿う方向にいけば一番いい」と語った。……

 安倍さんは、「日本国民の命を守り抜いていくために必要な国際法上持っている権利は行使できるとの考え方の下に、自民党草案を示している」とまで述べている。憲法改正を伴う全面的な容認を目指すべきだというわけだ。

 そもそも、憲法改正の発議は国会の権限で、内閣にはその権限はない。そして、首相には憲法順守義務がある。なのに、この歯止めのない発言。憲法を事実上ないがしろにする発言と言ってもいい。こんなことが、日常的におこなわれるようになった国会。うーん。これではなあ。

« 自衛隊員救出作戦で「敵を射殺」 防衛省内部文書、共産追及 | トップページ | 認知症JR事故、家族に監督義務なし 最高裁で逆転判決 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63284222

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改正「3分の2を得られるものから」 首相が言及:

« 自衛隊員救出作戦で「敵を射殺」 防衛省内部文書、共産追及 | トップページ | 認知症JR事故、家族に監督義務なし 最高裁で逆転判決 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31