« 高浜原発 運転差し止め 稼働中、初の仮処分 大津地裁 | トップページ | 辺野古集会参加の国道事務所職員を厳重注意 »

2016/03/10

林家三平さんが国策落語に挑む

 ちょっと、へーっと思った。今日は東京大空襲から71年めの日だけど、お母さんが、大空襲を体験し、そして、その活動をしていることもあるのだろうか?

「戦争に負けたという事実をどう捉えますか」今、林家三平さんが国策落語に挑むわけ 林家三平さん 七十余年の時を超え、口演

 戦後、消えた落語がある。七代目林家正蔵をはじめ当時の人気落語家が創作した戦意高揚のための「国策落語」だ。軍部と歩調を合わし、国民を戦争に協力させていくために作られた。その国策落語が70余年ぶりに復活した。
 手がけたのは林家三平さん。戦後まもない1949年に亡くなった七代目正蔵の孫だ。
 2016年3月1日、東京都台東区西浅草。映画「サクラ花 桜花最期の特攻」の上映会。ホールから大きな拍手が起きた。映画に出演する三平さんが出囃子にあわせて登場し、深々と頭をさげ、顔を上げる。祖父が作った国策落語「出征祝」が始まった。
 一冊の本がある。1941年に出版された落語集「名作落語三人選」だ。七代目林家正蔵など当時の人気落語家3人の名前で出版された。タイトルは普通だが、ページをめくると、「緊めろ銃後」「防空演習」「隣組の運動会」……。国民の戦意高揚のために作られた「国策落語」がずらりと並ぶ。
その中に「出征祝」がある。登場人物は落語でおなじみ、ケチな大旦那に、小言が多い番頭さん、怒られ役の丁稚小僧に若旦那。ストーリーはこんな調子だ。
 「出征祝」そのストーリーは……

 禁演落語と国策落語について、書いてある『はなし家たちの戦争』という本がある。著者には、このテーマで、ボクも原稿を書いてもらったことがある。演じることが禁じられた禁制落語については、東京・台東区の本法寺の境内に3メートル余の「はなし塚」がある。建立は太平洋戦争開戦直前の1941(昭和16)年10月で、当時の講談落語協会や寄席関係者が、廓噺(くるわばなし)や妾(めかけ)・間男物など「時局にふさわしくない」53演目を選定、目録を塚の下に埋めたというのだ。その対極の、国策落語……。その歴史もまた、それは戦後封印されてきたわけで。歴史の証言者として、記憶することは、また必要なのだろうなあ。

« 高浜原発 運転差し止め 稼働中、初の仮処分 大津地裁 | トップページ | 辺野古集会参加の国道事務所職員を厳重注意 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63326185

この記事へのトラックバック一覧です: 林家三平さんが国策落語に挑む:

« 高浜原発 運転差し止め 稼働中、初の仮処分 大津地裁 | トップページ | 辺野古集会参加の国道事務所職員を厳重注意 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30