« 「奨学金の返済が人生縛る」 貧困テーマに討論 | トップページ | 憲法改正「3分の2を得られるものから」 首相が言及 »

2016/03/01

自衛隊員救出作戦で「敵を射殺」 防衛省内部文書、共産追及

 むむ。これもまた。内部文書!

自衛隊員救出作戦で「敵を射殺」 防衛省内部文書、共産追及(日経新聞)

 共産党の笠井亮衆院議員は29日の衆院予算委員会で、自衛隊員が武装集団に襲われた国連要員らを救出する「駆け付け警護」を想定したとみられる防衛省の内部文書を入手したと明らかにした。「敵監視要員を射殺」などと武器使用を伴う救出手順が記載されている。

 PKO法改定で、「駆け付け警護」が行われることを想定し、その一部として「実力行使による救出―強行突入・人質奪還等」をかかげている。「武装集団が文民等を誘拐・拉致し、当該武装集団の拠点(建物など)で拘束。文民等は危険な状況にあるも、動きがとれない状況」にある場合を想定し、「人質救出」のため「必要により敵監視要員を狙撃・射殺して、突入部隊の突入・鎮圧を容易化」などの手順が記されている。すでに、ここまで、「駆け付け警護」は具体化されているということか。
 同時に、問題はではこれは防衛省のどこがつくったか。個人的には、たぶん、制服、幕僚だと推測するけどなあ。現場はどんどん、前のめりになっているのか?

« 「奨学金の返済が人生縛る」 貧困テーマに討論 | トップページ | 憲法改正「3分の2を得られるものから」 首相が言及 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63284182

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊員救出作戦で「敵を射殺」 防衛省内部文書、共産追及 :

« 「奨学金の返済が人生縛る」 貧困テーマに討論 | トップページ | 憲法改正「3分の2を得られるものから」 首相が言及 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31