« 障害者の貧困率は健常者の倍 4人に1人以上 慶大教授ら初算出 | トップページ | 日本の朝鮮侵略史研究の先駆者 歴史家山辺健太郎と現代 »

2016/02/16

雇い止め訴訟 「シャノアールが女性に解決金」で和解

 勝利に近い、和解。とっても、よかったねえ。

雇い止め訴訟 「シャノアールが女性に解決金」で和解(毎日新聞)

東京高裁 「首都圏青年ユニオン」が明らかに
 喫茶店チェーンの「カフェ・ベローチェ」を雇い止めになった千葉市在住のアルバイトの女性(31)が、運営会社の「シャノアール」(本社・東京都豊島区)に対し、雇い止めの撤回と損害賠償を求めていた裁判が16日、東京高裁で和解した。シャノアールが女性に解決金を支払う内容になっている。女性が加入する労働組合「首都圏青年ユニオン」が明らかにした。
 女性は2003年以降、千葉市内の店舗で3カ月更新で働いていたが、13年6月に雇い止め通告された。会社側との団体交渉で「従業員が入れ替わらないと新鮮度が落ちる」などと言われたことから、13年に損害賠償と解雇無効を求めて東京地裁に提訴した。1審は女性側の訴えを退ける判決を出していた。
 和解の詳しい内容や金額は明らかにされていない。女性側は「奪われた尊厳を取り戻すことができた」と話している。シ社は「(双方が合意した)公表分のとおり」と話した。

 「秋田書店による景品水増し不当解雇事件」の和解に続くもの。たたかうことの意義。「奪われた尊厳を取り戻すことができた」という言葉がいいなあ。

« 障害者の貧困率は健常者の倍 4人に1人以上 慶大教授ら初算出 | トップページ | 日本の朝鮮侵略史研究の先駆者 歴史家山辺健太郎と現代 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63223509

この記事へのトラックバック一覧です: 雇い止め訴訟 「シャノアールが女性に解決金」で和解:

« 障害者の貧困率は健常者の倍 4人に1人以上 慶大教授ら初算出 | トップページ | 日本の朝鮮侵略史研究の先駆者 歴史家山辺健太郎と現代 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31