« 震度7 何が生死を分けたのか ~埋もれたデータ 21年目の真実~ | トップページ | 障害者福祉 共に暮らせる社会を求めて »

2016/01/17

ふくしまノート

2 こんな漫画があるなんて知らなかった。井上きみどりさんという仙台の漫画家さんが、福島をていねいに取材して書いたもの。1巻は、非難したり、それでも福島に残った人たちに取材して、その思いを伝える。2巻は、復興やその後をめぐる問題。とりわけ、農と食をめぐる問題にも踏み込む。その踏み込み方も、なかなか見事だ。冷静に、ていねいに福島を追いかけた作品。なかなかのものだなあと、ちょっと驚いた。


« 震度7 何が生死を分けたのか ~埋もれたデータ 21年目の真実~ | トップページ | 障害者福祉 共に暮らせる社会を求めて »

政治」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63082172

この記事へのトラックバック一覧です: ふくしまノート:

« 震度7 何が生死を分けたのか ~埋もれたデータ 21年目の真実~ | トップページ | 障害者福祉 共に暮らせる社会を求めて »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31