« あきらめないけれど | トップページ | いまこそ民主主義の再生を! ―― 新しい政治参加への希望 »

2015/12/30

日韓外相会談について 個人的に感じてること

1377143_999254463468632_91883821765

 いわゆる日韓合意については、いろんな人がいろいろ書いている。なかなか難しい問題だけど、この問題について発信してきな人間として、個人の責任で自分の思いはやはり書いておいたほうがいいのだろうなって思って、最低限のことは書いておこうと思う。
 実は、ボクは日韓合意があるのではと、この間、思っていた。国の責任を明確にした賠償という点では、基金の時代大とちがい、すでに国家がさまざまなお金を支出する方向になっているし、安倍さんは、河野談話を継承するとは言っている。問題は政治の決断だと。その意味では、日本政府が、日本軍「慰安婦」問題について、「当時の軍の関与」を認め、「責任を痛感している」と表明したことは、やっぱり大きな意味をもつ。しかも、安倍首相は、「心からおわびと反省の気持ちを表明する」とし、そのうえで、日本政府が予算を出し、韓国政府と協力して「全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒しのための事業」を行うことを発表したのだから。これが賠償かどうか、国家の責任のうえの措置がどうかは、いろんな議論がなりたつ。ボクもいろいろ思うところがあるけれど、だけど、責任の認識のうえの、日本政府による行為であるという点では、いろいろな意見を踏まえても、問題解決に向けての前進と評価できなわけではにと思う。
 だけど、気持ちは、どうしてもすっきりできない。それはなぜか。それは、その同じ時期に、日本政府は、同じく、日本の加害行為の象徴ともいえる、南京事件での、この間の行為にあるともいえる。南京事件否定派の資料を、国連の機関に提出する…。
 もう1つは、日本大使館の少女像についての態度だろう。本来ならば、過去の加害に向き合う象徴ともいえるのだから、日本政府の責任で、日本国民がその歴史をきざむふさわしい場所に移転するという提案が筋だと思う。少女像というありように異論があるならば、ふさわしいモニュメントを建設するという提案であってもいいのかもしれない。だけど、そういう筋の藩士では決してない。そこが悲しい。
 いろんな人と話をしていて、実は、日本のなかには、次の世代に、この問題をもつこさないという議論には一定の支持があることは事実だと思う。だけど、その中身が問題。
 ことし1年。仕事をしていて、やっぱり日本の植民地主義の総括の不十分さは、政治のレベルではもちろん、国民的なレベルでの不十分さを痛感したことはにない。とりわけ、戦争経験世代が退場していく中で、この問題はかなり深刻な課題でもある。それは、民主的な運動のなかでもそうだ。この点は、ボクの仕事だと痛感した1年でもある。
 はっきりいって、当事者を抜きにした、今回の合意は、今後、さまざまな問題が生じる。というか、いちばんの問題は、日本政府が、この合意を誠実に履行できるかどうかが最大の問題だと思う。(もちろん、合意そのものについても、さまざまな議論はなされるべきだ) そのときに、ほんとうに真摯な議論が日本政府に対してつきつけることができるのか、そのことがものすごくわれわれにはもとめられているのだと思うのだけど。

 これが日韓合意

 写真は当事者とともにありたいとの思いを込めて。今年正月ソウルにて。

« あきらめないけれど | トップページ | いまこそ民主主義の再生を! ―― 新しい政治参加への希望 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62969664

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓外相会談について 個人的に感じてること:

« あきらめないけれど | トップページ | いまこそ民主主義の再生を! ―― 新しい政治参加への希望 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30