« 戦争孤児をしっていますか? | トップページ | 戦後の日本「憲法が役立った」86% »

2015/12/23

戦う民意

321506000359 ちょっと、ブログの更新をさぼっていたので、いろいろアップするねたがたまっている。これも少し前に読んだ本。やっぱりおもしろかった。いろいろ学ぶべきこともあり、とくに沖縄の世論がどういう点で一致をひろげているのかはよくわかる。
 そのなかで、とりわけ考えたことは、アイデンティティという問題。このことばには批判がないわけではない。本質的な問題を隠さないかと。だけど、この本を読むと、このことばが、沖縄の歴史をふまえての、支配ー被支配、それは差別ー被差別の関係とも重なりながら、をふくんだきわめて構造的なものをさしているということもわかるのだ。

« 戦争孤児をしっていますか? | トップページ | 戦後の日本「憲法が役立った」86% »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62926520

この記事へのトラックバック一覧です: 戦う民意:

« 戦争孤児をしっていますか? | トップページ | 戦後の日本「憲法が役立った」86% »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30