« 戦う民意 | トップページ | 民主教育研究所 24回教育研究集会 »

2015/12/24

戦後の日本「憲法が役立った」86%

 記録のためにクリップ。いろいろ考えさせられる調査。

戦後の日本「憲法が役立った」86%(毎日新聞) 毎日新聞と埼玉大社会調査研究センターと共同世論調査  毎日新聞は10〜12月、埼玉大学社会調査研究センターと共同で郵送世論調査「日本の世論2015」を実施した。「戦後の日本の繁栄に今の憲法が果たしてきた役割」の評価を尋ねたところ「役立った」との回答が86%(「かなり」34%、「ある程度」52%)に上った。「あまり役立っていない」は9%、「全く役立っていない」は2%だった。  「戦後レジームからの脱却」を掲げる安倍晋三首相は来夏の参院選後を視野に、政権として憲法改正に取り組む構えを見せている。調査では、憲法が「役立った」との回答は内閣支持層でも86%と回答者全体の傾向と変わらず、憲法の評価は浸透している。憲法9条を巡っては「戦争放棄」を定めた1項と「戦力不保持」を定めた2項のそれぞれについて改正すべきだと思うかを質問。「改正すべ きではない」が1項で57%、2項で46%を占めた。「改正すべきだ」は1項17%、2項23%だった。1項より2項の方が改正派の割合がわずかに高い背景には、実際に自衛隊を保有していることへの違和感があるとみられる。…

 いろいろくわしい調査をしていて詳しいのは

日本の世論2015 毎日新聞・埼玉大共同調査(その1) 戦後70年、成長の記憶

日本の世論2015 毎日新聞・埼玉大共同調査(その2止) 身近な幸せ、募る不安

 憲法9条への評価は貴重だけど、なかなかねじれている。
 記事の乱してとってみると
・過去は評価、現在に不満
・日米安保7割が肯定
・6割超える「脱原発」派
・天皇に親しみ65%
・衆院選改革、4割「小選挙区重視」 「今のままでよい」3割 比例で復活当選「おかしい」68%

・産み働ける社会に
・不平等感、7割超
・「家族」で増す幸福感
・同性婚 世代、性で意識差

 安保への肯定の高さとか、不平等感をかんじつつ、家族志向だとか。いまの社会のありようと、意識の現状をいろいろ考えさせられるのだけど。ううむ。

« 戦う民意 | トップページ | 民主教育研究所 24回教育研究集会 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62932494

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後の日本「憲法が役立った」86%:

« 戦う民意 | トップページ | 民主教育研究所 24回教育研究集会 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31