« 知事、民主主義問う 「米施政権下と変わらず」 辺野古代執行訴訟第1回弁論(琉球新報) | トップページ | 子どもの貧困 15歳だけで損失2.9兆円 日本財団推計 »

2015/12/03

人が人のなかで生きてゆくこと―社会をひらく「ケア」の視点から

41eykk4yecl_sx337_bo1204203200__2 中西さんの新著。引きこもりや貧困層の青少年支援などの現場に関わり、若者の問題を考え続けてきた著者ならではの本。ずばり、「人と人との関係がどんどん難しくなっている」時代に、どのように社会のなかでつながっていくのかを考察する。
 もちろん、大きな前提としては、雇用が崩壊し、競争にさらさえる時代ということがある。そのなかでも、自己責任にからめとられながら、なかなかむすびつくことが難しい。ゆとりがなく、「できる、できない」という物差しのもとで、「弱み」を見せられない……。
 副題は「社会をひらく『ケア』の視点から」だけど、ここでいう「ケア」は大きな意味。相互の人間関係のなかでとらえようとしている。論のすすめかたは、なんというか、1つひとつていねいにずらしていく。そこから、ものごとを一つの視点からではなく、多角的な、全体をとらえるという試みがなされている感じがする。そのようにして、いまの人間関係のなかで生じる問題をまるごとうけとめながら、自己責任の罠をはずしていくという感じがする。そして、相互な、関係性のありようが示される。そこが大事であり、そのことを保障するための、「場」の問題や、「民主主義」という社会のありようなども言及されていく。うーむ、中西ワールドだ。


« 知事、民主主義問う 「米施政権下と変わらず」 辺野古代執行訴訟第1回弁論(琉球新報) | トップページ | 子どもの貧困 15歳だけで損失2.9兆円 日本財団推計 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62799101

この記事へのトラックバック一覧です: 人が人のなかで生きてゆくこと―社会をひらく「ケア」の視点から :

« 知事、民主主義問う 「米施政権下と変わらず」 辺野古代執行訴訟第1回弁論(琉球新報) | トップページ | 子どもの貧困 15歳だけで損失2.9兆円 日本財団推計 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31