« ワタミ過労自殺訴訟が和解 「創業者の渡辺氏に重大な賠償責任」 | トップページ | 私たちの声を議会へ―― 代表制民主主義の再生 ―― »

2015/12/10

少女たちの再出発 ヘイトスピーチを乗り越えて

 NHKが、関西熱視線で放映したドキュメントを、再編集して、全国ネットで。昨日見た。

Cvyvw3uveaejo3h 6年前、京都の朝鮮学校の前で行われた「ヘイトスピーチ」。民族差別的な言動で校内にいた小学生たちが傷つけられた。いま中高生となり、前に歩み始めた子どもたちを追う。
 「”朝鮮に帰れ、キムチくさいねん”と叫ぶ声。私は学校に通うのが怖くなりました。」6年前のヘイトスピーチに傷つけられた子どもたちは、今どうしているのか?去年、朝鮮学校に向けられたヘイトスピーチは違法とする判決が確定したのを機に、二人の少女が取材に応じた。今も恐怖心が消えない中学2年生。失いかけたアイデンティティを取り戻し、日本の専門学校に進むことを考え始めた高校2年生。少女たちの葛藤と再出発を追う。

 初級学校(小学校)のとき、ヘイトスピーチをあびせられた、その恐怖。どんな思いで、その後をすごしたのかをまず考えさせられた。そして、10代の若者になって、そのことと、ふたたび向き合うことが求められるようになる。そこでの、真摯な葛藤に、心を打たれる。
 そして、その過程を、大人がどのように支えたのか、考えたのかということを。そこには、在日の戦後抱え続けた、いろいろな葛藤や課題があるわけで、その姿にもほんとうに胸が打たれた。ひるがえって、日本のいまの社会全体の状況はどうなのだろうか? ヘイトスピーチ1つをとっても、どれだけ、向き合えることができているのか。大人として。うーん。

 ぜんぜん関係ないけど、尹健次さんの『在日の精神史』も読みたいと思ったなあ。
 

« ワタミ過労自殺訴訟が和解 「創業者の渡辺氏に重大な賠償責任」 | トップページ | 私たちの声を議会へ―― 代表制民主主義の再生 ―― »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62842688

この記事へのトラックバック一覧です: 少女たちの再出発 ヘイトスピーチを乗り越えて:

« ワタミ過労自殺訴訟が和解 「創業者の渡辺氏に重大な賠償責任」 | トップページ | 私たちの声を議会へ―― 代表制民主主義の再生 ―― »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31