« 私たちの声を議会へ―― 代表制民主主義の再生 ―― | トップページ | 戦争孤児をしっていますか? »

2015/12/15

MOMAT コレクション 特集:藤田嗣治、全所蔵作品展示。

12360317_990023517725060_8644625875 先週の土曜日に、見に行ってきた。もちろん、戦争と美術の問題を考えるために。実は、藤田の絵を直接見るのははじめでだ。同じ、戦争責任ということでいろいろ名前が出る横山大観は何度かみたことがある。「海山十題」をみての感想は、「平凡」というものだった。
 藤田はどうだ。藤田の戦争画は、凄惨というイメージで語られることが多いけど、生で見て、まったくちがった印象をうけた。色遣いは暗いが西洋の群像画そのものというかんじ。だから、「おれはこんな絵を書いたぞ」っていう感じなんだ。藤田を評して、芸術至上主義という人もいるけど、ある意味、そうなのかなあ? だけど、それでも、戦争の時代に、高揚感をもってあの絵を描くという心情はどういうものなのか?たんに芸術至上主義と思えない。ただ、抵抗感はまったくないなあ。だから、責められても、そんなことは自分は知らないという感じだったのだろうか?

« 私たちの声を議会へ―― 代表制民主主義の再生 ―― | トップページ | 戦争孤児をしっていますか? »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62876442

この記事へのトラックバック一覧です: MOMAT コレクション 特集:藤田嗣治、全所蔵作品展示。:

« 私たちの声を議会へ―― 代表制民主主義の再生 ―― | トップページ | 戦争孤児をしっていますか? »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31