« なぜペンをとるのか 沖縄の新聞記者たち | トップページ | 子育てにやさしい社会のためには »

2015/11/04

非正社員、初の4割 雇用側「賃金の節約」 厚労省調査

 うーん。これはねえ。雇用の崩壊状況をまざまざと見せつけられる深刻な数字。

非正社員、初の4割 雇用側「賃金の節約」 厚労省調査(朝日新聞)

 厚生労働省が4日発表した2014年の「就業形態の多様化に関する総合実態調査」で、民間企業などで働くパートや派遣といった非正社員が労働者にしめる割合が初めて4割に達した。高齢者が定年を迎えて正社員が減るなかで、人件費を抑えたい企業が非正社員で労働力を補っている実態が浮き彫りになった。
 調査は1987年から複数年ごとに行っている。今回は昨年10月1日時点の状況について、全国の官公営を含む従業員5人以上の事業所約1万7千カ所と、そこで働く労働者約5万3千人にたずねた。回答率は事業所が64・4%、労働者が65・2%だった。
 労働者にしめる非正社員の割合は40・0%。民間のみの調査だった前回は38・7%だった。非正社員の約6割をパートが占め、次いで契約社員や定年後再雇用などの嘱託社員が多い。
 ログイン前の続き年齢別に5歳刻みで集計すると、働き盛りの30~54歳のすべての層で、非正社員の比率が前回調査を上回り、45~54歳で35%を超えた。15~29歳は、いずれも非正社員の比率が前回調査を下回った。…

 これがその実態調査。

 非正社員を雇う理由として一番多くあがったのが「賃金の節約」で38・8%となかなか露骨である。一方で、労働者が非正社員を選んだ理由は、育児や介護などとの両立をあげた合計が33・4%と前回から8・9ポイント上がっていることには、子育て支援や介護制度の遅れが反映している。そのもとで貧困化がすすむということになる。どこが一億総活躍なのかということが問われる状況でもあるなあと。

« なぜペンをとるのか 沖縄の新聞記者たち | トップページ | 子育てにやさしい社会のためには »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62615224

この記事へのトラックバック一覧です: 非正社員、初の4割 雇用側「賃金の節約」 厚労省調査:

« なぜペンをとるのか 沖縄の新聞記者たち | トップページ | 子育てにやさしい社会のためには »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31