« 非正社員、初の4割 雇用側「賃金の節約」 厚労省調査 | トップページ | 名古屋市教委調査 20人「いじめ見た」 自殺の中1「もう駄目かも」 »

2015/11/04

子育てにやさしい社会のためには

 ほんとうに子育てにやさしい社会になればいいと思うのだけど、最近、いろいろ悩むことがある。この間も、ここ数日、外食していたときに、小さな子どもをつれた若いお母さん、お父さんがいた。子どもがいろいろさわぐのは、とっても微笑ましいと思う半面、やっぱりこの年になると、疲れているときに、子どもにさわがれると、そうとう神経にダメージをうけてしまうのも事実。なかなか、気持ちの整理ができないで、見ている自分がいたりもする。たとえば、保育園の騒音問題がおこったりする。たしかに寛容であればいいなあと思うのだけど、実は、高齢者にとっては、騒音というのは、かなり深刻で切実であったりするのだとも、自分がだんだん年を取ることでわかったりする。これは簡単ではない問題だと。個人の生活でも、かつては、喧噪のなかでも、集中してできていたことが、この年になるとなかなかすすまなくなり、イライラがどんどんふくらんでしまうということに、なんども遭遇する。(同じようなことでは、電車のなかでさっさと席をゆずれない自分とかね)

 ほんとうにきちんと問題を共有できればいい。だけど、そんな場面はすくないし、なかなか困難。むしろ、なかなか高齢者のしんどさに焦点があわされなかったりするケースもある。一方で、高齢者の発言権のほうが大きかったりすることもある。結果的に対立的に描かれてしまったり。だれにもやさしい社会であればいいのだけども。制度的な充実をはかることはもちろんそうだけど、身の回りの人間関係でも、解決の契機になるような、とりくみの積み重ねができればいいのだろうけれどなあ。などと、感じるのだけど。自分が年をとると、つらいことが多いなあ(苦笑)。

« 非正社員、初の4割 雇用側「賃金の節約」 厚労省調査 | トップページ | 名古屋市教委調査 20人「いじめ見た」 自殺の中1「もう駄目かも」 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62615305

この記事へのトラックバック一覧です: 子育てにやさしい社会のためには:

« 非正社員、初の4割 雇用側「賃金の節約」 厚労省調査 | トップページ | 名古屋市教委調査 20人「いじめ見た」 自殺の中1「もう駄目かも」 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31