« 2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」スタート | トップページ | なぜペンをとるのか 沖縄の新聞記者たち »

2015/11/03

慰安婦問題 日韓が交渉加速 安倍氏と朴氏が初会談

 被害者に残された時間はすくないから、やっぱり注目はしなければいけないことは事実。だけど…。

慰安婦問題 日韓が交渉加速 安倍氏と朴氏が初会談(東京新聞)

 韓国訪問中の安倍晋三首相は二日午前、朴槿恵(パククネ)大統領と青瓦台(大統領府)で初めて会談した。両首脳は旧日本軍慰安婦問題の早期妥結を目指して、交渉を加速させていくことで一致した。
 首相は会談後、記者団に慰安婦問題について「未来志向の協力関係を構築し、将来世代に障害を残してはならない」と述べた。韓国側の説明によると、朴氏は会談で「両国関係の最大の障害であり、被害者が受け入れ、国民が納得できるよう早期に解決しなければならない」と強調した。
 首相は、日韓間の諸問題について「日本が主張すべき点は申し上げた。韓国側の早期対応を促した」と述べた。東京電力福島第一原発事故に伴う韓国側の日本産水産物の輸入規制や、産経新聞前ソウル支局長のコラム問題も取り上げ、朴氏に対して解決に向けた対応を求めたとみられる。…

 挺対協のコメントはかなりきびしい。それはそう、言うように、原理をどこまで確認できたのかということ。それでも、朴大統領は、被害者が納得できる解決を求めている。それは法的責任の問題。そこは、国家賠償と謝罪ということか。
 一方で、外交当局者は、たぶん解決にいろいろな模索をしているような感じもする。よく考えれば、賠償についていえば、基金方式から、いますすめられようと言われているのはフォローアップ事業の拡大だから、そのもの、日本政府の責任により支出ということは言える。謝罪によって法的責任を明確にできるのか。国会決議はなかなか困難であれば、あとは首相の謝罪による言及。安倍談話は「戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません」と言及している。さらに踏み込めるのか。

 現実には、安倍さんをとりまく、そして安倍さん自身の認識はなかなか厳しい。しかし、一方で、安倍さんといえども河野談話は否定できないし、国際世論に最終的には、対決できないし、そういう国際的に共有されている認識を出発点にせざるを得ないというのも事実。そういうなかで議論がどのようにすすむのか。

 結局、問題は当事者に、当事者の発言にどのようによりそい、そこにどのように向き合うのかということなんだろうけどなあ。

« 2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」スタート | トップページ | なぜペンをとるのか 沖縄の新聞記者たち »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62608689

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦問題 日韓が交渉加速 安倍氏と朴氏が初会談:

« 2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」スタート | トップページ | なぜペンをとるのか 沖縄の新聞記者たち »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30