« ジュゴンは米軍訓練に影響 国防総省報告書 日米異なる認識 | トップページ | 朝鮮人強制連行:追悼碑めぐり各地で論争 日韓交流中止に波及も »

2015/11/24

親子無理心中 逮捕の三女が生活保護申請

 あまりにも悲しいニュースが続く。こういうことが頻繁におこっているということに、立ちつくしてしまう。

親子無理心中 逮捕の三女が生活保護申請(NHKニュース)

 22日、埼玉県の利根川で認知症の症状がある母親と病気の父親を車に乗せて無理心中を図ったとして、47歳の三女が逮捕された事件で、三女が事件の前、生活苦を訴えて市に生活保護の申請をしていたことが関係者への取材で分かりました。警察は、行政に支援を求めながら事件に至ったいきさつを詳しく調べています。
 22日、埼玉県の深谷市から熊谷市にかけての利根川で、深谷市の藤田慶秀さん(74)と妻のヨキさん(81)が死亡しているのが見つかり、三女で無職の波方敦子容疑者(47)が両親を車に乗せたまま川に入り無理心中を図ったとして、殺人と自殺ほう助の疑いで逮捕されました。
 警察の調べによりますと一家は3人暮らしで、ヨキさんには認知症の症状があり、敦子容疑者が介護をしていたということです。また、父親の慶秀さんは今月、病気のため新聞配達の仕事を辞め、一家の収入がなくなったということです。
 その後の関係者への取材で、敦子容疑者が今月17日、生活苦のため深谷市に生活保護を申請し、2日後には市の職員が自宅を訪れるなどの対応をしていたことが分かりました。また、今月2日には市にヨキさんの介護サービスを受けるための申請をしていたということです。
 警察は、行政に支援を求めながらなぜ事件に至ったのか、いきさつを詳しく調べています。……

 介護が大変な状況だったが、娘さんが献身的に母親を見ている様子だったという。いつも『大丈夫です』と。「助けて」とは言えないのだよねえ。自治会は、数年前、「自治会費を払えないので自治会から抜けさせてほしい」という申し出を受け、了承したと……。しかし結果として、孤立。それでも、保護を申請し、介護を申請していたのに…。

 もう1つ。これは昨日のニュースから。

遺体は高齢の兄妹 1か月以上気付かれず(NHKニュース)

 22日、東京・江東区の都営アパートで見つかった2人の遺体は、この部屋に住む81歳の兄と71歳の妹の高齢のきょうだいだと分かりました。現場の状況などから、2人は少なくとも死後1か月以上、周囲に気付かれずにいたとみられ、警視庁が詳しい状況を調べています。
 22日夕方、東京・江東区辰巳の都営アパートの4階の部屋で、男女2人の遺体が見つかりました。2人の遺体は、居間にあるテーブルの近くで横たわった状態で見つかり、目立った傷はないということです。
 警視庁が遺体の確認を進めたところ、亡くなっていたのは、この部屋に住む81歳の兄と71歳の妹だと分かりました。これまでの調べによりますと、兄は亡くなってから数か月が、妹は1か月ほど経過しているとみられるということです。また、2人が暮らしていた部屋の共益費は、先月までの2か月分が支払われていなかったことも近所の人の話から分かりました。
 警視庁は、2人は少なくとも死後1か月以上、周囲に気付かれずにいたとみて、詳しい死因や状況を調べています。……

 孤立した状態で暮らしていたという。隣人にも気づかれず。この都営アパートでは、共益費として毎月600円を封筒に入れて会計担当のところに支払いに来ることになっていたが、9月分と10月分が支払われないままになっていたという。会計担当の女性は「共益費が2か月分支払われておらず、引っ越したのかと思っていた」と話していたそうだ。
 高齢者の貧困と孤立。とても他人事ではない。
 こんな社会であることが現実。それでいいのか。

« ジュゴンは米軍訓練に影響 国防総省報告書 日米異なる認識 | トップページ | 朝鮮人強制連行:追悼碑めぐり各地で論争 日韓交流中止に波及も »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

こんな社会であることが現実。それでいいのか。

この2つの事件とも、共通しているのは、こうした高齢者を沖縄県に置き換えれば、日本政府からして、自ら対米従属詐欺を繰り返し、これに対して、アメリカが、「貰えるものは貰っておこう」ということで生活保護不正受給者の真似をして、沖縄県に対しては多額のお金を騙し取って置きながら、今度は被害額を取り戻してやると言っておきながら、普天間基地移設問題で、辺野古移設詐欺により、その被害額をネコババして、これをアメリカに献上することで、アメリカにしてみれば、それこそベトナム戦争でサイゴン市内の飲み屋や売春宿に出入りしている多くのアメリカ軍兵士のために、中国がこれを逆手にとって、大量の麻薬をただ同然の値段で横流しをしておきながら、多くのアメリカ軍兵士が、これに手を出してしまったがために、麻薬依存症となり、アメリカに引き上げたものの、ご家族も、これと共依存状態となり、これがフードスタンプ受給者になってしまったというのをごまかそうとして、生活保護不正受給者の真似をして、貰ったお金を、そのまま横流ししてでも、この責任から逃れようとしているのではないかということが、キャリアコンサルタントから見た、この日本国及び私たち日本人にとっての本質的な見立てであると同時に、日米同盟そのものに対する本質的な見立てそのものをも、見事に明らかにしてくれたものではないかということにこそ、私たち日本人が、自ら解決すべき課題ではないかと見破れば、これはもう、中国外務省やロシア外務省に限らず、アメリカ国務省からしても、お見通しのことであり、バレバレのことであることは、国際社会全体からしても、誰が見ても明らかなことであることは、もう疑いようがありませんが、これにまったく気づいていない日本人こそが、迷惑極まりない存在でしかないだけのことではないかということにこそ、私たち日本人にとってのきわめて重大な構造的欠陥というものが、根本的な要因ではないかということを見破れば、これはもう、怒りどころの騒ぎではなく、このままでは取り返しのつかないことになることは、すでにお分かりのことであり、後の祭りになってしまうのも、お見通しのことではないかということを見破れば、もうさすがに聞いて呆れてしまうと同時に、こうした高齢者の皆様に限ることなく、日本人として、これほど悲しいことはないとしか応えようがありませんね。

三女が生活苦で両親を殺害したとの事だけど、三女という事は次女と長女もいるという事ですよね。次女と長女は親の面倒を三女に押し付け、一切面倒をみなかったという事だろうか?次女と長女が助けていれば三女は両親を殺害する事もなかったのでは?結局、親の面倒を国任せにして見なくなった子供が多くなったのが事件の根本にあると思います。親の面倒をみるのは国ではなく子供であるという事をはっきりさせないとこれからもこの様な悲惨な事件は続くと思います。だって市営住宅や県営住宅では1人暮らしの悲惨な高齢者がたくさん存在しています。
ちなみに、沖縄県の基地がどーのこーのと書いている人がいるけれど、全然関係の無い事を長文で書くのはやめて欲しいわぁ。読む気もしないです。

三女が生活苦で両親を殺害したとの事だけど、三女という事は次女と長女もいるという事ですよね。次女と長女は親の面倒を三女に押し付け、一切面倒をみなかったという事だろうか?次女と長女が助けていれば三女は両親を殺害する事もなかったのでは?

これが主訴なのだといったところで、次女や長女が助けていれば、このような事件というものもおきることがなかったのではないかということは、そのとおりかもしれませんが、長女や次女が、何故親の面倒を見ることができなかったのか、ということこそが、キャリアコンサルタントから見た、この事件そのものに対する本質的な見立てでもあるのではないかと見受けられるのではないかと考えられますよね。

長女や次女にしてみれば、これが親の面倒を見る余裕もなかったのだとするならば、

結局、親の面倒を国任せにして見なくなった子供が多くなったのが事件の根本にあると思います。親の面倒をみるのは国ではなく子供であるという事をはっきりさせないとこれからもこの様な悲惨な事件は続くと思います。だって市営住宅や県営住宅では1人暮らしの悲惨な高齢者がたくさん存在しています。

ということをいったところで、これだけでも、木更津レイプ殺人事件などと、似た真実を見事に明らかにしてくれたにもかかわらず、自らはこの責任から逃れ、大日本帝国軍性奴隷問題の前科により、中国や韓国から容赦なく、この日本国だけが、どんどんコケにされて、生きていけなくなるのではないかという不安や葛藤が、このようなボロを自ら白状してくれたものだということが、キャリアコンサルタントから見た、この日本政府そのものに対する本質的な見立てそのものであることは、誰が見ても明らかなことだということにこそ、私たち日本人が、自ら解決すべき課題ではないかとということを見破れば、中国外務省ではありませんが、誇りを持って、日本政府に対しては、自らが誇りを持って全体主義をやめる決断をするならば、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守って参りますので、どうぞ安心して、どんどん敗北し、どんどん悔し涙を流し続けながら、このままひっそりと幸せに暮らす道を選択して参りましょう。この代償として、大企業に対しては、どんどんいくらでも増税し、社会保険料をどんどん徴収し、電力料金もどんどん値上げをして、為替市場については、円をドルと無理心中させることなく、円を為替市場の上限の防波堤ということで、どんどん円高にすることで、中国の人民元と、ユーロについては、ほかの通貨と共に、この円とドルの間で、自由に競争してください、ということで応えてやることで、日本の株式市場については、奈落のどん底に突き落としてしまうことで、強欲な投資家の皆様だけが「、どんどん大損させることになろうとも、誇りを持って、どうぞ安心して、どんどん涙を流しながら、泣き寝入りして、二度と日本の株式市場には投資していただかなくてもかまいませんから、ということで、誇りを持って突き放してしまうことで、責めてもの謝礼程度の配当金を、末永く還元することで、ご満足していただける投資家の皆様が、自ら涙を流しながらも、深く感謝をして応えていくことこそを誇りとして、最低賃金の底上げに繋げていくことで、この底上げした最低賃金を生活保護をはじめ、最低所得保障年金や農家への個別所得保障制度などの公的給付の上限とすることで、年収1075万円を超える労働者にしてみれば、自らが残業手当をカットすることで、どんどん労働時間を減らし、どんどんたくさんの税金や社会保険料をはらいつづけることを誇りとして、国際社会に対して、良いロールモデルとして、どんどんみせつけていくことを誇りとして、カットした残業手当相当分については、ほかの労働者の皆様への基本賃金に回してもらうようにすることで、これが結果的に、労働生産性の向上とふっ価値の向上に繋がって、どんどん売り上げを落ち込ませ、産業競争力をどんどん弱体化させることになろうとも、これ以上に失うものはどこにもないのだし、この底上げされた最低賃金水準から、年収1075万円の範囲の中で、誰もが遠慮することなく、共に支えあい、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来るようになることにこそ、誇りを持って、日本社会全体を、どんどん安定化させながら、国民一人当たりGDPで世界一を目指し、人口減少の歯止めとなり、人口増加に比例する程度のプラス成長を維持し続けることにより、全人類が共に支えあい、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来るように、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことにこそ、私たち日本人としての、尊い自己実現に繋がる大きな目標とすることで、これを個人主義のベースとして、国際社会に対して、どんどん良いロールモデルとして見せ付けていくことで恩返しをしていくことで、多極化する国際社会の中で、この日本国が、自ら名誉ある孤立化をして、ひっそりと没落させてしまうことで、存在感をどんどん小さくすることになるのはかまわないことだし、行き着くところは、「さらば暴政」、「さらば原発」、「さらば全体主義」ということで、歴史の闇の中にひっそりと葬り捨ててしまうことで、どんどん誇りを持って、涙を流し続け、どうぞ腹の虫が収まるまで、どんどん泣き崩れることになろうとも、かまいませんから、どんどん安心して、歴史の闇の中でひっそりと泣き寝入りをしながら、このまま、そっと静かに幸せに暮らして参りましょうということで、これに対しては、涙を流しながらも、深く感謝をして応えて頂ければ、これだけで十分ですから、その感謝の気持ちこそを、誇りを持って、国際社会に対して、良いロールモデルとして、どんどん見せ付けていくことで恩返しをしていくことにいたしましょう、ということで応えてやりたいところとしか、申し上げることは出来ませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62743119

この記事へのトラックバック一覧です: 親子無理心中 逮捕の三女が生活保護申請:

« ジュゴンは米軍訓練に影響 国防総省報告書 日米異なる認識 | トップページ | 朝鮮人強制連行:追悼碑めぐり各地で論争 日韓交流中止に波及も »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31