« 慰安婦問題、早期解決促す 日韓研究者らが討論会 | トップページ | シリーズ東日本大震災 追跡 原発事故のゴミ »

2015/11/21

自民が歴史検証組織 東京裁判など「修正主義」指摘も

 先日、一度紹介した動きだけど、正式に決まったということで、29日に発足するそうな。これが、障害にならなければいいのだけど。

自民が歴史検証組織 東京裁判など「修正主義」指摘も(東京新聞)

 自民党は二十日の総務会で、極東国際軍事裁判(東京裁判)や占領時の憲法制定過程など過去の歴史を検証する「歴史を学び未来を考える本部」の設置を決めた。党総裁である安倍晋三首相の直属機関とする。二十九日の結党六十年記念式典に合わせて発足させる。米国や中国、韓国などからは「歴史修正主義」につながる動きと受け取られる可能性がある。
 本部では、学識経験者を講師に招き、所属の国会議員が歴史認識を議論する。対象範囲は日清戦争(一八九四年)から第二次世界大戦後まで。第二次世界大戦後の連合国軍総司令部(GHQ)による占領政策に限らなかったのは、戦勝国である米国などの批判をかわす狙いがある。
 あくまでも歴史を学ぶ勉強会としての位置付けにとどめ、提言も作成しない方針。本部長には谷垣禎一幹事長を充てた。
 二階俊博総務会長は二十日の記者会見で、歴史修正主義との懸念について「こじつけて言えばそういうこともあるかもしれないが、立党六十年、戦後七十年を勘案して勉強しようということだ」と強調した。
 一方、保守色の強い稲田朋美政調会長は「東京裁判で裁かれた日本の歴史、占領期間も含めてきちんと自分たちで検証することが必要だ」と繰り返している。本部設置は従来の歴史認識に不満を持つ保守層の声を受けて決まった側面がある。
 稲田氏は東京裁判に関して「裁判を受け入れて日本は独立を回復したので、効力は認めるが、とらわれる必要はない」と主張してきた。東京裁判のやり方や判決の内容などに疑問を示すような議論になれば、米国の反発は避けられない。
 中国と事実認定が食い違う南京事件や、韓国との懸案である慰安婦問題も取り上げる予定。国会議員が自ら都合よく歴史認識を示す場になりかねず、中韓との関係改善の動きに水を差す恐れもある。

 あえて、日清戦争をあげている点がまず、気になる。そのうえで、第二次大戦後と、戦後の占領や東京裁判にも焦点をあわせるという点でも。どんな講師が、何をしゃべるのやら。だけど、自民党の60年の記念の事業。自民党がたどりついた、「右傾化」の今を表しているのだろうと思うなあ。

« 慰安婦問題、早期解決促す 日韓研究者らが討論会 | トップページ | シリーズ東日本大震災 追跡 原発事故のゴミ »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62721810

この記事へのトラックバック一覧です: 自民が歴史検証組織 東京裁判など「修正主義」指摘も:

« 慰安婦問題、早期解決促す 日韓研究者らが討論会 | トップページ | シリーズ東日本大震災 追跡 原発事故のゴミ »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31