« シリーズ東日本大震災 追跡 原発事故のゴミ | トップページ | 外務省「歴史問題Q&A」から「侵略」「植民地支配」が削除されました »

2015/11/22

いのち 瀬戸内寂聴 密着500日

 Nスぺ。ただただすごいなあ。感動とあを超えている。まだボクにはわからない境地なのだろうな。

Img_01_3 文化勲章受賞者、作家で僧侶の瀬戸内寂聴、1922年生まれの満93歳。そんな彼女を過去5年間、至近距離から記録しつづけたプライベートな映像がある。これまで「どうしてそんなにお元気なんですか」と尋ねられると「元気という病気よ」と笑って答えていた寂聴。しかし、2013年から1年間連載した「死に支度」には、残り時間を意識した心の揺れが投影されている。連載終了後は、激しい腰痛のため入院。その入院先でがんが見つかり、手術を受けた。一時は「もうこのまま生きていても仕方ない」と鬱々とした日々を送った寂聴だが、厳しいリハビリの末にいまようやく再起の時を迎えつつある。
 誰もがやがて必ず経験する「老い」。その苦しさ、奥深さ、そして豊かさを、初めて公開される瀬戸内寂聴のプライベート映像を通して描いていく。

 とても生臭い?人だと思っていた(笑)。だけど、ほんとうにそう。自分に正直な人なのだと思う。その何とも言えない、心持が、説得力と訴える力をもつ。生をめぐる葛藤など、ほんとうにそうだな。可愛いというよりいまでも怖いぐらいの思いが伝わる。
 去年の12月、寂庵の前を歩いていた。そのころ、こんな大病に向き合っていたのか。そして、あの国会前のスピーチの背景にはこんなことが…。
 ある意味で、生命力へのきずき、そこに支えられたメッセージをボクらはうけとっているのか? 学び、受け継がないとなあ。おどろきのドキュメント。

« シリーズ東日本大震災 追跡 原発事故のゴミ | トップページ | 外務省「歴史問題Q&A」から「侵略」「植民地支配」が削除されました »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62731103

この記事へのトラックバック一覧です: いのち 瀬戸内寂聴 密着500日:

« シリーズ東日本大震災 追跡 原発事故のゴミ | トップページ | 外務省「歴史問題Q&A」から「侵略」「植民地支配」が削除されました »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31