« 東京裁判やGHQ政策など検証へ 自民総裁直属の新組織 | トップページ | 「学校外で義務教育」18年にも新制度 自民慎重派容認 »

2015/11/13

辺野古沖、台船2基目 掘削音民意かき消す 海保、抗議船を次々拘束

 ほんとうに、問答無用でやってくる。これは昨日の様子。

辺野古沖、台船2基目 掘削音民意かき消す 海保、抗議船を次々拘束(沖縄タイムス)

 「海を壊すな」「法律違反の調査はやめろ」-。名護市辺野古への新基地建設に向けて12日、4カ月半ぶりに大浦湾で再開された国の海底ボーリング調査。抗議船とカヌー隊が調査を行う台船に近づき阻止を試みたが、海上保安庁のゴムボートに拘束され、行く手を阻まれた。埋め立て承認の取り消しをめぐって県と国との法廷闘争が迫る中で強行された調査再開に、海上には憤りが広がった。
 大浦湾に10日運ばれ、長島付近で組み立てられたスパット台船に続き、この日は2基目の台船も隣り合うように海面に設置された。
 午後2時25分。カンカンカン。乾いた金属音が湾内に広がると、最初に設置された台船から掘削棒がゆっくり海面に降りていった。
 「何やってるんだ」「違法工事は今すぐやめろ」。朝からフロート付近で海保や沖縄防衛局の警戒船とにらみ合いを続けてきた抗議船4隻とカヌー隊10艇余が調査再開に抗議し、次々とフロートを突破。しかし、すぐに海保に拘束された。

 今日も早朝から、ゲート前で座り込みがおこなわれ、警視庁の機動隊による、その排除がおこなわれた。機動隊は、国会議員(赤嶺さん)まで、拘束し、排除する。民意も、人権も、どこ吹く風だ。そんなことは許されないし、何時までも続くはずがない。

« 東京裁判やGHQ政策など検証へ 自民総裁直属の新組織 | トップページ | 「学校外で義務教育」18年にも新制度 自民慎重派容認 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62669201

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古沖、台船2基目 掘削音民意かき消す 海保、抗議船を次々拘束:

« 東京裁判やGHQ政策など検証へ 自民総裁直属の新組織 | トップページ | 「学校外で義務教育」18年にも新制度 自民慎重派容認 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31