« 国立大学:33校で文系見直し 9大学で教員養成廃止 | トップページ | 長期雇用の自衛官 今年度応募者が20%減 »

2015/10/21

辺野古ジュゴン保全 チェックする監視委が計画策定に関与

 開いた口がふさがらない。

辺野古ジュゴン保全 チェックする監視委が計画策定に関与(沖縄タイムス)

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、天然記念物ジュゴンの保全計画が、国の建設工事を監視する「環境監視等委員会」の荒井修亮委員(京都大学教授)、原武史委員(全国水産技術者協会理事長)の研究成果を基に作られていたことが20日、分かった。一方で監視委の運営は、両委員と共に研究を進めていた環境コンサルタント「いであ」(東京都)が請け負っていた。同社は計画策定段階から関連事業を多数受注しており、保全策の妥当性を審議する監視委の独立・公平性がいっそう問われそうだ。
 全13委員のうちジュゴンの専門家は両委員のみ。計画策定から実施までに関係の深い研究者や受注業者が、事業の適正運営をチェックする側にも関与していたことになる。
 ことし6月の第5回会合で審議されたのは、両委員と同社が共同研究で開発した「ジュゴン監視・警戒システム」などのジュゴン保全策。ジュゴンの鳴き声を探知して位置を把握し、接近が確認されれば工事を一時中止する計画で、議事要旨によれば委員から異論は出なかった。日程上の理由で荒井委員は欠席した。
 一方、同社(共同企業体含む)は2006年度から環境影響評価業務などを複数請け負っていた。14年度には同システムを運用する事業で計9億円を請け負う一方、システムの実効性などをチェックする監視委の運営業務も受注。委員に対する事前説明や、議事要旨の作成を担っていた。
 本紙の取材に、同社は「公正・独立の精神のもと業務を遂行している。(監視委業務は)運営補助で、事業を監視やチェックする立場にない」と回答。荒井委員は「問題があるかないかを含めて言及する立場にない」とした上で「良かれと思って過去10年の研究成果を提案してきた。(ジュゴン以外の)異なる専門的立場から他の先生方も審議している」とした。
 同社は監視委発足後、関連9事業で18億9452万円を受注し、この全てが随意契約。10年には防衛省OBが天下りしている。…

 この、両委員は環境影響評価の補正(修正)作業でも、防衛省に助言する有識者委員会の委員を務めていて、監視委就任決定後には、荒井委員が同社から800万円の寄付、原委員が同社関係法人から年間200万円の報酬を受け取ったことが明らかになっているのだから。
 計画から監視まで、ぜんぶ一体となってすすめている。なんなんだこれは。
 こんなずさんなやりかたで、仲井眞さんは政府は、アセス以降も、環境対策をきちんとやっているからと、埋め立てを承認したということ。はからずしも、承認取り消しの意義というか、正当性が証明されたとも言えるのだけど。

« 国立大学:33校で文系見直し 9大学で教員養成廃止 | トップページ | 長期雇用の自衛官 今年度応募者が20%減 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62520026

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古ジュゴン保全 チェックする監視委が計画策定に関与:

« 国立大学:33校で文系見直し 9大学で教員養成廃止 | トップページ | 長期雇用の自衛官 今年度応募者が20%減 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30