« 安倍政権の社会保障改革と非正規労働者の生活 | トップページ | 岐路に立つ日本の立憲主義・民主主義・平和主義――大学人の使命と責任を問い直す »

2015/10/25

顔のないヒトラーたち

Main_large で、昨日は、映画にも行った。これをやっと見に行けた。ほんとは試写会で行く予定だったんだけど。なかなか最近は試写会にも行けない。
 だけど、なかなか面白かった。ドイツの「過去の克服」は、実際には60年代にはじまり、それまではナチ党員たちが、支配層のなかにも存在していたことは、石田さんの本で読んでいた。68年のとりくみの前史の一つとなるいわゆるフランクフルト・アウシュビッツ裁判を描いたもの。ドイツの司法で、その国のあやまりを裁くという強い思いと、そのことが引き起こす、自身や自身のまわりを裁くことへの葛藤が描かれる。
 見ていて、どうしても、日本のことを考える。アジアの戦後のなかで、日本は加害に向き合わなかった。90年代に入って、被害者が声をあげた。それから20数年。ドイツの「過去の克服」の時間とは同じともいえる。ならば、いまこそ、ほんとうに、ボクらは「過去の克服」をすることが問われているということなのか。そんなことを考えさせられる。(もちろん、ドイツとは同じではない。70年後のいま、克服のありようもいろいろ考える)

« 安倍政権の社会保障改革と非正規労働者の生活 | トップページ | 岐路に立つ日本の立憲主義・民主主義・平和主義――大学人の使命と責任を問い直す »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62549243

この記事へのトラックバック一覧です: 顔のないヒトラーたち:

« 安倍政権の社会保障改革と非正規労働者の生活 | トップページ | 岐路に立つ日本の立憲主義・民主主義・平和主義――大学人の使命と責任を問い直す »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31