« 慰安婦強制連行否定の高校教材、大阪府教委が10月中にも作成 朝日の記事取り消し受け | トップページ | アフガンの米軍、国境なき医師団誤爆 医師ら19人死亡 »

2015/10/04

大阪・大東市:生活保護、18歳の独立非難 抗議受け撤回

 家族、家族、家族。自己責任の最大の根拠とされるような、イデオロギーとともにシステム。

大阪・大東市:生活保護、18歳の独立非難 抗議受け撤回(毎日新聞)

 大阪府大東市の福祉事務所(生活福祉課)が今年6月、生活保護の対象となっていた世帯で唯一働いていた長男(18)が独立して家を出たことについて、「世帯の自立から遠ざかる行為」と非難する内容の指導指示書を出していたことが分かった。両親から相談を受けた弁護士から抗議を受け、事務所側は指導指示書を撤回した。
 市福祉事務所によると、この世帯は両親と子供3人の5人暮らしで、長男は今春、高校を卒業して就職。6月1日から女性と暮らし始め、別世帯になった。両親は就労ができないため、長男の給料の大半が世帯の収入と認定され、その分、市が支給する保護費は減っていた。
 事務所側は長男が高校を卒業後、独立する意思を持っていることを把握していたことから、両親を通じ「今後の生計の維持など、自立について話し合いたい」と長男に要請していた。しかし、連絡が取れたのは、家を出た後だったという。
 福祉事務所は6月5日付で「長男が高校在学中から進路について確認し、卒業後は世帯の自立のために就労するよう指示してきた。長男が世帯の中心となり、現在学生である次男や妻が就労すれば世帯の自立が可能であり、(長男の独立は)いわば自立から遠ざかる行為」などとする指導指示書を出した。
 相談を受けた弁護士が8月、「指導指示書の内容は居住や移転の自由と長男の人権を侵害するもので、違法・無効であることが明らか。次男や長女に対しても同様の指導、指示を行うことのないよう強く求める」とする福祉事務所長あての意見書を提出。事務所側は「誤解を招く表現だった」と謝罪したうえで、指導指示書の撤回を世帯側に伝えた。
 指導指示書は生活保護法に基づき、生活の維持や自立の指導のために対象者に交付される。市福祉事務所は「長男の独立を非難するつもりはなかった。『家を出ないように』という強制はできず、説明が不足していた」と説明している。

 そこまで、追及するのか、いまの行政は。その裏側にある、政治の動向は。ここをうち破るためには、世論を変えなければいけないのも事実。うーん、がんばらないと。

« 慰安婦強制連行否定の高校教材、大阪府教委が10月中にも作成 朝日の記事取り消し受け | トップページ | アフガンの米軍、国境なき医師団誤爆 医師ら19人死亡 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

福祉事務所は6月5日付で「長男が高校在学中から進路について確認し、卒業後は世帯の自立のために就労するよう指示してきた。長男が世帯の中心となり、現在学生である次男や妻が就労すれば世帯の自立が可能であり、(長男の独立は)いわば自立から遠ざかる行為」などとする指導指示書を出した。

この事実こそが、「この世帯は両親と子供3人の5人暮らしで、長男は今春、高校を卒業して就職。6月1日から女性と暮らし始め、別世帯になった。両親は就労ができないため、長男の給料の大半が世帯の収入と認定され、その分、市が支給する保護費は減っていた。」という事実からして、この長男が、自らの意思で独立し就職することに繋がったことで、この世帯全体にとっての生活保護受給額を減らすことに繋がったことで、自立に向けて近づいたものであることは明らかなことだし、次男の就職により、更に生活保護受給額を減らすことにより、両親にとっても、長男や次男にとっても、共に幸せに暮らすことが出来るようになりことで、自立していくことに近づいたことにこそ、この福祉事務所の職員にしてみれば、誇りを持って深く感謝をして応えて頂くことで、減らした分については、他の受給者の皆様に廻すことにすればよいものの、長男の独立により、自立から遠ざかる行為などとする指導指示書を出したということそのものが、キャリアコンサルタントから見た、この福祉事務所そのものに対する本質的な見立てそのものであることは明らかなことではないかと見破れば、これはもう怒りというよりも、この福祉事務所からして自らボロを出してくれたというところからして、アメリカにしてみれば、これがフードスタンプ受給者にしてみれば、長男が独立することで、フードスタンプ受給額が減ることにより、自立から遠ざかる行為であるという指示書を出すなんてことをすれば、アメリカの言いなりと言っておきながら、自らの権力欲に溺れた日本の間抜け官僚機構に対して、生活保護不正受給者の真似をしていることがバレてしまうことがないように、これをごまかそうとしているに過ぎないというのと、本質的には同じ見立てであることは、中国外務省やロシア外務省からすればバレバレのことであることは、もう明らかなことだし、ましてや、これがベトナム戦争に借り出されたものの、サイゴン市内の飲み屋や売春宿に出入りしするまでのことならば、ともかくとしても、中国が、これを逆手にとって、大量の麻薬をタダ同然の値段で横流しをして、これに手をつけてしまったがために、麻薬依存症となり、その家族が、これと共依存状態となってしまい、行き着く先はフードスタンプ受給者となってしまったということがバレないように、ごまかそうとしているに過ぎないのではないかという真実を見破れば、これだけでも、この福祉事務所からして、大日本帝国軍性奴隷問題の前科がバレることがないように、これをごまかそうとしているというボロこそが、キャリアコンサルタントから見た、この日本国および私たち日本人にとっての本質的な見立てそのものであると同時に、これこそが、本来であれば、私たち日本人こそが、自立・自律していくために、自ら解決すべき課題でもあるのだということに気づいて頂ければ、この気づきというものを、発想の転換により、この課題を解決するための目標と方策に置き換えて、自己理解や環境的理解を深めつつ、就労に向けての仕事理解に繋がる目標と方策というものに置き換えて、生活保護を抜け出して行くことにより、それまでに頂いた生活保護受給額を、他の人たちに廻してください、ということで応えていくことにより、福祉事務所の職員の皆様からすれば、涙を流しながらも深く感謝をして、これに応えていくことで、これこそを、一つのロールモデルとして、国際社会にどんどん見せ付けて行くことを通して、日本全体が、多極化する国際社会の中で、ひっそりと自立・自律していくことにより、成熟した大人の国として、新たな日本の歴史の始まりの第一歩としていくきっかけとすることで、日本の運命を大きく変えていくことに活かしていくことにすればよいのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62411452

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪・大東市:生活保護、18歳の独立非難 抗議受け撤回:

« 慰安婦強制連行否定の高校教材、大阪府教委が10月中にも作成 朝日の記事取り消し受け | トップページ | アフガンの米軍、国境なき医師団誤爆 医師ら19人死亡 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31