« 名護市長「自治へ介入」 直接振興費交付の仕組み批判 | トップページ | <原発事故>「町に戻らない」大熊63%に増 »

2015/10/28

知事 「不当、容認できず」 国の代執行、取り消し停止を批判

 本当にそう思うよ。まったく同意する。

知事 「不当、容認できず」 国の代執行、取り消し停止を批判(琉球新報)

 名護市辺野古の埋め立て承認取り消しを石井啓一国交相が執行停止し、併せて知事に代わって取り消しを取り消す「代執行」の手続きを始めたことを受け、翁長雄志知事は27日夜、県外出張から帰任した那覇空港で臨時記者会見を開いた。政府の対応について翁長知事は「恒久的な基地を何が何でも沖縄に押し付けるのだという政府の最後通牒(つうちょう)とすらいえる。不当であるのはもちろん、多くの県民の思いを踏みにじるもので断じて容認できない」と強く批判し、移設計画の見直しを重ねて求めた。
 沖縄防衛局が申し立てた承認取り消しに対する執行停止を国交相が認めたことについて「900ページを超える意見書と証拠書類を提出した。公平・中立に審査されると期待したが、わずか2、3日で、しかも沖縄防衛局が一私人の立場にあると認めた上で決定がなされ、強い憤りを覚える。結論ありきだ」と強調した。
 政府が代執行手続きを開始したことについては「最終的には司法の判断に委ねられるべきだが、判決までの間は国は辺野古での作業を開始すべきでない」と求めた。


 「恒久的な基地を何が何でも沖縄に押し付けるのだという政府の最後通牒(つうちょう)とすらいえる。不当であるのはもちろん、多くの県民の思いを踏みにじるもので断じて容認できない」。
 知事の、胸の奥から絞り出すような、苦痛と悲しみに満ちた、この叫びのような訴えを、本当にボクらがどう受け止めるのかが問われていると思う。

« 名護市長「自治へ介入」 直接振興費交付の仕組み批判 | トップページ | <原発事故>「町に戻らない」大熊63%に増 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

そもそも、仲井間前知事が、辺野古埋め立てを承認したことに瑕疵があるということで、翁長知事にしてみれば、これを承認取り消しすることで、これに対しては、日本政府側が、自ら誇りを持ってこの瑕疵を認めたうえで、沖縄県に対しては、誇りを持って、どんどん涙を流し続けながらも深く感謝をして、これに応えていくことこそが出来て当たり前のことであるのも関わらず、これを「不当、容認できず」ということで、この承認取り消しの効力停止しようとした、この国土交通大臣からして、自らが、アメリカの言いなりになってでも、辺野古基地建設をするしか残された道は何処にもないし、そのために、この瑕疵を認めるつもりはないし、むしろ認めたくはないし、こえをごまかしてでも、アメリカの言いなりに成り下がるか、アメリカと中国の板挟み状態となって、自らが惨めの思いをするくらいならば、憲法9条を亡き者にしてでも、これをごまかして、自らの権力欲を誇示したいがためのものでしかないというボロを、この国土交通大臣からして、自ら白状してくれたものだということこそが、キャリアコンサルタントから見た、この日本政府に対する本質的な見立てそのものではないかと見破れば、これが創価学会ならびに創価学会信者の皆様にしてみれば、この国土交通大臣が、自ら池田大作名誉会長も知らないところで、公明党が自ら池田大作名誉会長の恩義を仇で返そうとしているのをごまかして、この自民党と運命を共にするしかない道を自ら選択したものであることは誰が見ても明らかなことだし、ましてや、これが中国共産党が、建設的野党である日本共産党に置き換えれば、中国からしても、この安部自民党ならびに公明党と、これにしがみついているだけの一部の支持者こそが、中国の一部の反日活動家に変わりないものでしかないということは、沖縄県民の皆様にとっても、創価学会婦人部に皆様のみならず、多くの創価学会信者の皆様にとっても、同じ思いであることは明らかなことだし、ましてや、これが福島県民の皆様にしてみれば、中曽根大震災による責任から逃れ、自らの権力欲に溺れた核発電推進原理主義組織そのものこそが、アメリカの悪徳ペンタゴン勢力と同様の犯罪者に置き換えれば、これを勘違いして、憲法9条を亡き者にして、核武装をしてでも戦前の日本を取り戻そうとする日本会議ならびにこれらと運命を共にする財閥をはじめとする1%の金と権力の亡者こそが、全人類の大敵に他ならない犯罪者であることは、核発電推進原理主義組織と本質的には同じ存在でしかないということは、アメリカ国務省や国防総省に限ることなく、中国外務省やロシア外務省からしてもバレバレのことであることはもうお見通しのことであることは当たり前のことだし、この核発電推進原理主義組織にまんまと騙されて核開発計画書を作り上げた日本の外務省からして、このような犯罪者にしがみつくだけの共犯者でしかないというボロを、自ら白状し、この日本政府こそが、こうした共犯者であることをごまかしてでも、全体主義にしがみつこうとする無責任な使い物にならない間抜け官僚機構そのものでしかないし、国連事務総長からすれば、国連憲章に基づく制裁決議の発動要件を、この外務省からして自ら招きいれようとしているだけのことではないかということも、既にお見通しのことではないのかと見破れば、これこそが、私たち日本人にとっての本質的な見立てそのものであり、この根本的な要因こそが、私たち日本人にとっての重大な構造的欠陥そのものであり、これを克服することが、キャリアコンサルタントから見た、私たち日本人こそが自ら解決すべき課題であり、避けては通れないものであることはもう明らかなことであることを見破れば、これはもう、このような全体主義そのものを、自ら自己否定することで、これを乗り越えて、多極化する国際社会に中で、全人類が共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来るように、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことを究極の自己実現に繋がる目標に置くことで、名誉ある孤立化をして、このような全体主義そのものを根本的に自己破壊させてしまうことで、こような全体主義にしがみついているだけの連中こそが、どんどん涙を流し続け、どんどん歴史の闇の中でひっそりと泣き寝入りして行くのを、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、これを乗り越えて、そっと静かに幸せに暮らすことが出来るように日本社会全体を、どんどん安定化させ、どんどん弱体化させることになろうとも、この多極化する国際社会の中に、ひっそりと没落させてしまうことで、これを良いロールモデルとして、どんどん見せ付けて行くことで恩返しをしていくことにより、日本の運命を大きく変えて、成熟した大人の国として、そっと静かに自立・自律していく道を自ら選択して行くのか、このまま、このような全体主義にしがみついていくことで、これだけを、どんどん自己否定されることによって、全てを喪失し、反論の余地も何処にもないことは当たり前のことですが、どんどんもがき苦しみ、どんどん物凄い痛みを味わい、どんどん深い悲しみを味わうことになろうとも、どんどん涙を流し通d毛ながら、歴史の闇の中で、タダひたすらにひっそりと泣き寝入りをしながら幸せに暮らすしかない道を選択するのか、どちらかを選択して下さい、ということでこの本質的な矛盾と、自ら全面対決する必要があることは、もう避けては通れないことである以上、沖縄県にしてみれば、是非とも、日本政府をどんどんコケにして、どんどん涙を流し続け続けさせることになろうとも惜しくはありませんので、どうぞ誇りを持って、国際社会にどんどん訴えて、全人類を味方に付けることで、このような全体主義だけをどんどん引き裂くことで、これを乗り越えて、基地の無い平和な島を取り戻し、共に幸せに暮らすことが出来るように自立・自律していく道を選択してくだされば、これこそを、日本国内はもとより、韓国やベトナム、フィリピン、台湾、モンゴル、ロシア、中国、アメリカをはじめとする国際社会に対して、どんどん良いロールモデルとして見せ付けて行くことで恩返しをして下されば、福島県をはじめ日本国内に居住する日本国民全体が、天皇陛下と共に、涙を流しながらも深く感謝をして、誇りを持って、良いロールモデルとしてどんどん受け容れて参りたいと存じますので、どうぞよろしくお願い申し上げます、ということで応えて行きたいところですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62565275

この記事へのトラックバック一覧です: 知事 「不当、容認できず」 国の代執行、取り消し停止を批判:

« 名護市長「自治へ介入」 直接振興費交付の仕組み批判 | トップページ | <原発事故>「町に戻らない」大熊63%に増 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30