« 9月になったけど | トップページ | シリーズ東日本大震災 故郷(ふるさと)つなぐ 相馬野馬追 ~原発事故5年目の夏~ »

2015/09/01

16年度概算要求 防衛予算総額に迫る 武器ローン4兆8815億円

 やっぱり、ガイドラインの改定にもとづいて日米同盟の強化、一体化をすすめるための法制であり、それを先取りする形ですすんでいる予算なんだよなあ。

16年度概算要求 防衛予算総額に迫る 武器ローン4兆8815億円(東京新聞)

 防衛省は三十一日、総額が過去最大の五兆九百十一億円に上る二〇一六年度予算の概算要求を発表した。前年度比0・7%増だが、実際は、武器などの購入費の支払いを翌年度以降に先送りする「後年度負担」が膨れ上がり、武器購入のいわゆるローン残高は四兆八千八百十五億円になる。 (中根政人)
 防衛省は高額な武器を購入するため、支払い契約を最長で十年間にできる新たな特別措置法を使い、いずれも六年契約で垂直離着陸輸送機オスプレイ十二機(千三百二十一億円)や潜水艦の警戒監視などを行う哨戒ヘリコプターSH60K十七機(千三十二億円)を購入する費用などを盛り込んだ。
 概算要求の内訳は、自衛隊員の人件費や教育訓練費などとして約三兆一千八百億円。残りの一兆九千八十七億円は、過去に購入した武器のローン返済に充てる。
 概算要求に盛り込んだ武器購入費は、一七年度以降にローンが発生し、総額二兆五千六百四十八億円となる。
 これとは別に、一七年度以降に支払わなければならない、過去に購入した武器のローン総額は二兆三千百六十七億円。総額四兆八千八百十五億円で、防衛省の概算要求総額に匹敵する。
 安倍晋三首相は国会審議で、他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法案について、日米同盟を強化しても、防衛費が大幅に増えないと説明。根拠として「中期防衛力整備計画(中期防)で五年間の防衛費を明示している」と強調する。
 中期防では、一四~一八年度の防衛費を二十四兆六千七百億円程度と見込み、年平均の増加率を0・8%にしているからだ。
 防衛省は武器をまとめて買えば購入単価は下がるが、一年では払えないのでローンを組むと説明する。
 しかし、武器購入費のローンは最長十年で返済できるため、ローン残高が膨れ上がれば、年度ごとの返済額が巨額になり、人件費と武器のローンだけで予算を使い切ることになりかねない。
 安倍政権は中国の海洋進出など国際情勢の悪化を理由に、武器購入を進めているが、装備拡大路線のツケを後の政権も背負わされ、国民の税負担につながる。

 中身を見ても、SH60やオスプレイや、ヘリの強化が。いずもやかがという、巨大なヘリ空母の配備がすすんでいるわけだし。もうヘリ空母ということは、公然化してしまっている。実に攻撃的な軍拡がすすんでいるわけで。
 さらに、無人偵察機。
 大軍拡は、さらに、ローン化で今後の大軍拡の呼び水になっていく。

 概算要求のパンフもできている。

« 9月になったけど | トップページ | シリーズ東日本大震災 故郷(ふるさと)つなぐ 相馬野馬追 ~原発事故5年目の夏~ »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62200097

この記事へのトラックバック一覧です: 16年度概算要求 防衛予算総額に迫る 武器ローン4兆8815億円:

« 9月になったけど | トップページ | シリーズ東日本大震災 故郷(ふるさと)つなぐ 相馬野馬追 ~原発事故5年目の夏~ »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31