« 「集団的自衛権行使は違憲」 山口繁・元最高裁長官 | トップページ | 自衛隊、米軍訓練に参加 カリフォルニアで離島防衛想定 »

2015/09/03

自衛隊統幕長が米に辺野古「約束」 翁長知事就任直後

 さて、昨日の仁比質問。統合幕僚監部の内部文書「統幕長訪米時の(ママ)おける会談の結果概要について」をもとに暴露。自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長が2014年12月の総選挙直後、米軍に対して戦争法案の成立時期を「来年夏までに」と伝達していた。まあ、軍部の暴走といえばそうだし、“軍人政治家”といえばそうだけど。言っているなかみにまたおどろくのだ。

自衛隊統幕長が米に辺野古「約束」 翁長知事就任直後(琉球新報)

 米軍普天間飛行場の辺野古移設計画に関連し、昨年12月17~18日に訪米した自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長が米海兵隊のダンフォード総司令官に対して「普天間移設反対派の知事が就任したが、辺野古への移設問題は政治レベルの議論であるので方針に変更はないとの認識である。安倍政権は強力に推進するであろう」と述べ、米側に日本の辺野古移設推進堅持の方針を伝えていたことが明らかになった。
 新基地建設反対を訴え当選した翁長雄志知事が昨年12月10日に就任してから、わずか数日後に自衛隊トップが辺野古移設を米側に「約束」していた格好で、今後の議論を呼びそうだ。
 河野統幕長の会談内容を記した統合幕僚監部の機密資料を共産党が入手した。資料は「取扱厳重注意」とした上で「統幕長訪米時のおける会談の結果概要について」との件名で、2014年12月24日に作成されている。
 河野統幕長が訪米し、ダンフォード氏のほか、ワーク国防副長官、オディエルノ陸軍参謀総長、スペンサー空軍副参謀総長、グリナート海軍作戦部長、スイフト海軍作戦部幕僚部長、デンプシー統合参謀本部議長らと相次いで会談した際の会議録が記されている。
 河野統幕長はダンフォード氏との会談で「沖縄県知事選時にはリバティーポリシー(行動指針、米軍の夜間外出・飲酒規制)の実施、地域情勢に配慮していただき感謝する」などとも述べ、米側に選挙時の対応を感謝するなど、選挙への介入とも受け止められかねない発言もしている。
 ダンフォード氏は「このような問題には忍耐力が必要であり状況が好転するまで待つことも必要である」と述べた上で、移設計画の推進を求める考えを示した。
 ワーク氏との会談で河野統幕長は「オスプレイに関しての不安全性をあおるのは一部の活動家だけである」と述べ、米海兵隊の垂直離着陸機オスプレイの配備反対の声が「一部」と矮小(わいしょう)化して伝えていたことも明らかになった。

 ここまでかというほどの対米追随ぶり。

 これがその資料。

河野統合幕僚長の訪米会談記録概要(抜粋)

 防衛省統合幕僚監部の河野克俊統合幕僚長が昨年12月に行った訪米での会談記録概要(抜粋)は次の通り。(場所はいずれも米国防総省)
●17日、オディエルノ陸軍参謀総長
 河野 集団的自衛権の行使が可能になった場合は米軍と自衛隊との協力関係はより深化するものと考える。
 オディエルノ 現在、ガイドラインや安保法制について取り組んでいると思うが予定通りに進んでいるか? 何か問題はあるか?
 河野 与党の勝利により来年夏までには終了するものと考えている。
●18日、ワーク国防副長官
 河野 今回F35(ステルス戦闘機)のリージョナルデポ(地域の整備工場)が日本に決まり…オスプレイのリージョナルデポについても日本に置いて頂けると更なる運用性の向上となる。
 ワーク (オスプレイが)初期の事故により不公平な評価を受けることとなり残念である。
 河野 オスプレイに関しての不安全性をあおるのは一部の活動家だけである。
●18日、デンプシー統合参謀本部議長
 河野 AFRICOM(米アフリカ軍司令部)に連絡官を常駐させたいと考えている。またジブチは海賊対処の拠点ではあるが、今後の幅広い活動のためジブチの利用を拡大させたい。
●18日、ダンフォード海兵隊司令官
 河野 沖縄県知事選時にはリバティーポリシー(在日米軍勤務時間外行動指針)の実施、地域情勢に配慮して頂き感謝する。結果として普天間移設反対派の知事が就任したが、辺野古への移設問題は政治レベルの議論であるので方針の変更はないとの認識である。安倍政権は強力に推進するであろう。
 ダンフォード 安倍総理は移設を現行計画どおり実施し、沖縄の基地負担を減じる努力をしていくと理解している。
 河野 辺野古への移転やキャンプハンセン、キャンプシュワブでの共同使用が実現すれば、米海兵隊と陸上自衛隊との協力が一層深化すると認識している。これにより沖縄の住民感情も好転するのではないか。

« 「集団的自衛権行使は違憲」 山口繁・元最高裁長官 | トップページ | 自衛隊、米軍訓練に参加 カリフォルニアで離島防衛想定 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

統合幕僚長からして、防衛大臣も知らないところで、アメリカ国防総省からすれば、自衛隊をアメリカ軍の下請けに成り下がるということを口約束したことが、バレてしまっただけのことだということならば、これが自衛隊員の皆様からの内部告発で明るみにされたのではないかということが真実として見破れば、このような防衛省からして、「核発電推進原理主義組織にまんまと騙されて核開発計画書を作り上げた外務省」と同じ轍を踏み、この統合幕僚長が、自らボロを出してくれたに過ぎないということが、キャリアコンサルタントから見た本質的な見立てではないかと見破れば、アメリカ国防総省からしても、アメリカ国未詳からしても、バレバレであることはお見通しのことだし、中国外務省やロシア外務省からしても、お見通しのことであることもまた当たり前のことだと見破れば、内部告発をして頂いた自衛隊員の皆様にしてみれば、これがエイジハラスメントであれば、この統合幕僚長に対しては、「五寸釘をぶち込んでやる」という怒りでも容赦なくぶつけたい思いであることには、大いに共感するところであることは、沖縄県民の皆様や福島県民の皆様にしても同じ思いではないかということも、共感することが出来るのではないでしょうか。

沖縄県民の皆様にしてみれば、まんまと騙されたふりをして、辺野古基地建設の代わりに、メンタル不調に陥った自衛隊員の皆様のみならずアメリカ軍兵士の皆様の職場復帰支援というものを目的の一つとした障害者福祉施設を、この周辺に作るということを、国際社会にアピールしてみては如何でしょうか。

アメリカにしてみれば、これを受け容れて、辺野古移設だけを白紙撤回し、普天間基地を全面返還し、海兵隊については、グアムやオーストラリアのみならずアメリカ本土に引き上げて頂く見返りとして、今度は外務省から核開発計画書を持って来い、ということで容赦なく自民党を揺さぶり、コケにして下さい、ということで応えて頂くならば、返って望ましいのかも知れませんね。

中国にしてみれば、まんまと騙されたふりをして、こうしたところで必要な医師や看護士、介護職員としての人材を送り込んできて貰うならば、中国に限らず、韓国からでも、ベトナムやフィリピンからでも、どんどん受け容れてくることにすればよいのだし、尖閣諸島に老人介護施設を作るのと同じことを、今度は、ロシアに対して、国後島と択捉島に、老人介護施設や障害者福祉施設を作るということに利用するならば、竹島はともかくとしても、領土問題については、簡単に円満解決することが出来れば、ロシアにとっても、アメリカにとっても中国にとっても、韓国にとっても願ってもないことは言うまでもありませんよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62209584

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊統幕長が米に辺野古「約束」 翁長知事就任直後:

« 「集団的自衛権行使は違憲」 山口繁・元最高裁長官 | トップページ | 自衛隊、米軍訓練に参加 カリフォルニアで離島防衛想定 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31