« 作家 山崎豊子 ~戦争と人間を見つめて~ | トップページ | SEALDsの奥田さんに殺害予告届く 大学に書面 »

2015/09/28

まず教育論から変えよう

46c4dfc647c5f9b9be13c060ec00327a200 児美川さんから頂いた本。少したったけど、しっかり読みました。児美川さんらしい本です。 誰もが教育について 語ります。それは自身や自身の子どもの体験をとおして語られます。しかし、その多くが、論としてではなく、語りになっている。そこに落とし穴があると言うのが著者の主張です。 本書では道徳教育、学力問題、エリート教育、キャリア教育、大学改革をめぐる議論を例に、その落とし穴について考えます。しかし、このテーマのポイントは、どのように子どもたちが社会に出ていくのか、そのとき教育はどのような役割をはたすのかという視点。そこが児美川さんであるということ。
 論争的なテーマを論争的に書いているけど、著者の主張はいたって正攻法。ほんとうに、子どもにとって必要な道徳を考えたり、子どもにとって大切な学びについて、学力問題から接近する。もちろん、議論のすすめかたは、あくまで児美川さんの関心にそってすすめられる。それだけに、いろいろ突っ込みたっくなるところもたくさんある。字数が限られているから、かなり強引とも思えるところもね。たぶん、あえて、そういう論争的なやり方をとりながら、議論をあくまで前にすすめるという意図もあるんだろうと思う。これだけ、子どもたちが社会に出ていく道が不安定になって、子どもたちにとって厳しい時代に、大人のための語りではなく、子どものためにということのためには傍観者ではだめだということ。なにより、そのためには、より広い視野が議論するものには求められるということがを痛感させられます。
 

« 作家 山崎豊子 ~戦争と人間を見つめて~ | トップページ | SEALDsの奥田さんに殺害予告届く 大学に書面 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62373152

この記事へのトラックバック一覧です: まず教育論から変えよう:

« 作家 山崎豊子 ~戦争と人間を見つめて~ | トップページ | SEALDsの奥田さんに殺害予告届く 大学に書面 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31