« 安保関連法案が特別委で可決、国会前デモから怒りの声 | トップページ | 共産党:他党と選挙協力…独自候補擁立見直し »

2015/09/17

日本、70年続いた平和主義から方針転換へ

 いま日本は世界からどうみられているのか?CNNは次のように報じている。うーん。

日本、70年続いた平和主義から方針転換へ(CNNニュース)

 平和主義を掲げた憲法の解釈を第2次世界大戦後初めて変更する安全保障法案が、間もなく参議院を通過する見込みだ。国内では法案に対する怒りや反対が声高に叫ばれている。
 法案の可決により、日本の軍事方針は戦後70年で最も劇的な変化を示すことになる。東京では過去数十年間で最大級の抗議デモが続いている。
 憲法第9条は国際紛争を解決する手段としての戦争を放棄すると定めている。今回の安保法案はこれまでの同条の解釈を変更する形となる。
 この変更により、日本は集団的自衛権の行使が可能となり、「自衛隊」として知られる日本の軍隊が一定の条件のもと、海外で戦い、同盟国を守ることができるようになる。
 米政府高官を含む法案の賛成者は、日本が中国や北朝鮮などの国々からの潜在的脅威に対抗するため、自衛隊の役割を拡大すべきだと主張する。両国とも軍や核兵器計画の拡張を続けている。
 今月初め、中国は抗日戦争勝利70周年の式典を開き、過去最大級の軍事パレードを行った。同国は東シナ海や南シナ海で多くのアジアの隣国と領土紛争を抱えている。…

 うーん。ほんとうに深刻な、歴史的な地点にいる。

一方で、
The Guardian
"New generation of Japan's anti-war protesters challenge Abe"
(日本の反戦新世代が安倍に挑戦)
http://www.theguardian.com/world/2015/sep/16/japanese-anti-war-protesters-challenge-shinzo-abe

The Wall Street Journal
"Japanese Students Protest Expansion of Militarism"
(日本の学生たち、軍国主義の拡大に抗議)
http://www.wsj.com/articles/students-lead-protests-against-expanding-japans-military-role-1442345400

 これは希望でもある。

« 安保関連法案が特別委で可決、国会前デモから怒りの声 | トップページ | 共産党:他党と選挙協力…独自候補擁立見直し »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62299270

この記事へのトラックバック一覧です: 日本、70年続いた平和主義から方針転換へ:

« 安保関連法案が特別委で可決、国会前デモから怒りの声 | トップページ | 共産党:他党と選挙協力…独自候補擁立見直し »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30