« (再稼働を問う 教訓どこへ:上)高線量下、突入誰が 過酷事故訓練、飛ぶ怒号 | トップページ | 戦後70年:「間違った戦争」47%…本社世論調査 »

2015/08/13

沖縄沖で米軍ヘリ墜落 着艦失敗 6人けが

 国と沖縄県の協議の直前に…。

沖縄沖で米軍ヘリ墜落 着艦失敗 6人けが(東京新聞)

 海上保安庁などに入った連絡によると、十二日午後一時四十六分、沖縄県うるま市の伊計(いけい)島から南東約十四キロの太平洋上で訓練していた米陸軍ヘリコプターH60が米艦船への着艦に失敗、甲板上に墜落した。乗員のうち六人が負傷し、米軍キャンプ瑞慶覧(ずけらん)(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市など)の海軍病院に搬送された。 
 海保に入った連絡では、乗員は十七人。防衛省によると、ヘリには研修の一環として陸上自衛官二人が乗っており、いずれも負傷。一人は骨折の疑い、もう一人は切り傷を負った。
 在日米軍司令部がある横田基地(東京都福生市など)は「ハードランディング(急激に降下したたきつけられるような着艦)で機体が損壊した。事故原因は調査中」としている。
 防衛省によると、自衛官二人はいずれも国連平和維持活動(PKO)やテロ対策などの専門部隊「中央即応集団」に所属する二曹で、四十歳と三十三歳の男性。米陸軍の研修には今月一~十五日の日程で参加していた。ほかに八人の陸自隊員も研修に加わっていたが、墜落したヘリには乗っていなかった。
 菅義偉(すがよしひで)官房長官は那覇市で翁長雄志(おながたけし)知事と会談後、記者団に「米側に対し迅速な情報提供と原因究明、再発防止策を政府として強く申し入れた」と述べた。沖縄県も沖縄防衛局を通じ米側に同様の要請をする方針。…

 沖縄で米軍の事故が続くことの問題は言うまでのないが。
 さらに注目されるのは、いったい何がおこなわれているのかということ。共同の演習がおこなわれていたことはまちがいないが、米軍は特殊部隊だという話。琉球新報はヘリが米陸軍の特殊作戦用のMH60ヘリコプターであったことを報じている。NHKは「ヘリコプターが海賊への対処を想定した訓練を行うために艦艇の上を低空で飛行中、甲板にあるクレーンに接触して墜落した可能性がある」と報じている。日本の側も、中央即応集団という特殊部隊。危険性の高い訓練であることは米軍も認めている。
 日米軍事一体化のありようも反映している事故。真相というか実態を明らかにすべき問題。

« (再稼働を問う 教訓どこへ:上)高線量下、突入誰が 過酷事故訓練、飛ぶ怒号 | トップページ | 戦後70年:「間違った戦争」47%…本社世論調査 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

沖縄県民の皆様にしてみれば、「危険性の高い訓練であることは米軍も認めている。」ということこそが、

アメリカ軍からして危険性の高い訓練であることを分かっていたにも関わらず、このような事故が発生したのだとするならば、
「米側に対し迅速な情報提供と原因究明、再発防止策を政府として強く申し入れた」ということ自体は、当たり前のことであることは明らかなことですが、同時に、このまま辺野古移設をこのまま進めれば、再発防止に繋がらないどころか、沖縄県民の皆様にとってはたまったものではないし、アメリカにしてみれば、「辺野古移設を中止することで、再発防止に繋がるのであれば、沖縄県民の皆様にとってのメリットに繋がるばかりでなく、アメリカにとってのメリットにも繋がるし、同時に中国にとっての核心的利益にも繋がることになるのならば、日本全体にとってのメリットにも繋がることで、東アジアの平和と安定に繋がることになるのではないか」ということを、見事に裏付ける事故を、自ら引き起こしてくれたものであり、「辺野古移設をこのまま進めることこそが、沖縄県民の皆様のみならず、アメリカにとっても何のメリットもないし、中国にとっての核心的利益を損なうものでもあり、東アジアの平和と安定を脅かすことになるだけのことではないのか」ということが、キャリアコンサルタントから見た、本質的な見立てそのものであり、この官房長官が自らボロを出してくれたものでしかないということを、裏付ける動かぬ証拠をも見事に曝け出してくれたに過ぎない事故でもあるのだと見破れば、これはもう怒りなんていうものを通り越して、聞いて呆れるばかりとしか言い様がございませんね。

沖縄県にしてみれば、今度は中国の習近平国家主席をはじめ、ロシアのプーチン大統領や韓国の朴大統領をはじめ、これが南シナ海に置き換えれば、ベトナムやフィリピン、インドネシアを初めとするASEAN諸国から、カナダやメキシコ、オーストラリアやニュージーランドの皆様と共に、日米両政府に対して「辺野古移設を速やかに撤回することこそが、日本全体のメリットに繋がるばかりでなく、アメリカにとってのメリットにも繋がり、中国を初めとするアジア太平洋地域全体にとってのメリットにも繋がることになるのだということを、どうぞご理解下さい」ということで、安部自民党政権を、どんどん揺さぶっていくしかございませんね。
これならば、福島県民の皆様にしてみれば、アメリカと共にまんまと騙されたふりをして、各発電推進原理主義組織にまんまと騙されて核開発計画書を作り上げたとされる外務省に対して、安倍首相に子供の使いでもさせるならば、表紙を差し替えただけの偽物の核開発計画書を持って行かせることで、この見返りとして、尖閣諸島を沖縄県に払い下げるならば、そのお金をロシアに横流しをして、北方領土に老人介護施設を作るならば、各発電推進原理主義組織に対しては、どうぞアメリカの言いなりになって中曽根大震災の尻拭いをして下さい」ということで、どんどん揺さぶって行くことに利用するならば、日本国民全体が、アメリカ、中国、ロシア、韓国のみならずアジア太平洋地域の全ての国々と共に、安倍自民党政権包囲デモということで、どんどん揺さぶってやり、「もう自民党の時代ではございません。ここは潔く、核発電推進原理主義組織をはじめとすつ1%の金と権力の亡者と、跳ね返りにすぎない1%の抵抗勢力との板挟みと共に、自民党と運命をともにしてくれるだけの連中も道連れにして、悔し涙を流したければ、誇りを持ってどんどん悔し涙を流し続け、これを国際社会にどんどん見せつけながら、歴史の闇の中に、ひっそりと泣き寝入りすることこそが、お国のため、天皇陛下のため、でもございますので、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守って参りますので、どうぞ安心して、どんどん悔し涙を流し続け、どんどん国際社会に見せつけながら、歴史の闇の中で、どんどん泣き寝入りをしながら、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして下さい」ということで応えていくしかございませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62074210

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄沖で米軍ヘリ墜落 着艦失敗 6人けが:

« (再稼働を問う 教訓どこへ:上)高線量下、突入誰が 過酷事故訓練、飛ぶ怒号 | トップページ | 戦後70年:「間違った戦争」47%…本社世論調査 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30