« 沖縄沖で米軍ヘリ墜落 着艦失敗 6人けが | トップページ | 目立つ間接的表現、見えにくい首相の考え 安倍談話 »

2015/08/14

戦後70年:「間違った戦争」47%…本社世論調査

 戦後70年にかかわる世論調査。

戦後70年:「間違った戦争」47%…本社世論調査(毎日新聞)

 毎日新聞は戦後70年の終戦記念日を迎えるにあたって全国世論調査を実施し、有権者の歴史観などを探った。日本が米国や中国などと戦った先の大戦を「間違った戦争だった」という回答は47%で、「やむを得ない戦争だった」「わからない」はそれぞれ24%だった。この戦争について、近隣諸国への日本の謝罪は「十分だ」は44%で、「不十分だ」(31%)と「そもそも必要ない」(13%)を上回った。
◇日本謝罪「十分」44%
 戦後60年の2005年8月に実施した調査では、「間違った戦争」43%▽「やむを得ない戦争」29%▽「わからない」26%−−だった。先の大戦の認識に関しては、この10年間で大きな変化はないといえる。
 今回、「間違った戦争」と答えた人に理由を尋ねたところ、「侵略戦争だったから」56%▽「日本が敗れたから」3%▽「その両方」34%−−となった。安倍内閣の支持層では「間違った戦争」(34%)と「やむを得ない戦争」(35%)が拮抗(きっこう)し、「わからない」は26%だった。不支持層では「間違った戦争」が61%に上り、「やむを得ない戦争」「わからない」はともに18%にとどまった。
 自民支持層では「間違った戦争」(36%)と「やむを得ない戦争」(35%)がほぼ並んだ。民主支持層では「間違った戦争」が6割を超えた。年代別では、50代以上で「間違った戦争」が5割台だったのに対し、20〜40代では「間違った戦争」の割合が全体(47%)より低く、逆に「やむを得ない戦争」が全体(24%)よりやや高くなった。
 近隣諸国への謝罪に関しては、内閣支持層では「十分だ」が59%で、「不十分だ」の20%を大きく上回った。不支持層では「十分だ」「不十分だ」がともに39%だった。単純に比較はできないが、06年6月の調査で「第二次世界大戦をめぐる日本政府の謝罪、反省は十分だったと思うか」と質問した際には、「不十分だった」(42%)が「十分だった」(36%)より多く、「謝罪、反省の必要はない」が11%だった。今回の調査は今月8、9両日に実施した。

 こう見ると、どうも、世論が右傾化したということではないようだ。そこは、自信をもってよさそう。だけど、個々の認識の問題が問われるのかな。謝罪の問題をみたときに、思うのは、1つは、戦争そのものの認識の深さということがあるとは思うが、同時に、日本の戦後の歩みについてどう見るのかが問われそうだな。そこは、談話でも争点になるのかな。いよいよ、まもなく、談話。

« 沖縄沖で米軍ヘリ墜落 着艦失敗 6人けが | トップページ | 目立つ間接的表現、見えにくい首相の考え 安倍談話 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62081133

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後70年:「間違った戦争」47%…本社世論調査:

« 沖縄沖で米軍ヘリ墜落 着艦失敗 6人けが | トップページ | 目立つ間接的表現、見えにくい首相の考え 安倍談話 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31