« 目立つ間接的表現、見えにくい首相の考え 安倍談話 | トップページ | 内閣支持初の40%割れ=不支持が上回る-安保法案、過半数「今国会反対」 »

2015/08/14

命と向きあう教室 ~被災地の15歳・1年の記録~

 明日から仙台に出張。それでもって、とりあえず、というかやっとこの番組を見る。

Img_01 「命は、強くて弱い、美しいもの。でも僕は答えを出せていません」(東日本大震災で母と姉を亡くした男子生徒の作文)。
震災から 4年。宮城県東松島市の鳴瀬未来中学校の3年生82人が、1年間かけて授業で「命」と向きあっている。震災を体験した生徒同士が、毎月1回、作文を発表し、それに対する感想を伝え合う。親しい人を失った悲しみを誰にも打ち明けられずに抱え込み、心にふたをしているように見える生徒たちを心配した教師が、児童心理や教育学の専門家と相談しながら始めた。涙ながらに体験を吐露する友人に同級生が言葉を掛け合う命の授業は、心のケアにつながる可能性があるだけでなく、人が抱える痛みに思いをはせ、いたわり支えあうという、人として最も大切なことを学ぶ場にもなろうとしている。
卒業式 、そして3月11日をへて、それぞれの未来へ一歩踏み出すまでの15歳の1年を見つめる。

 震災から3年めから4年への時期。これまで避け続けていた、子どもの痛みや悲しみに向き合う。そんなに簡単に答えをだせない重い問いであり、そして、答えを出せない重い実践。
 語ること、表現すること、聞き取ること、共感すること、つながり、関係すること。そこから学びがつくられる。いろいろ考えさせられた。考え続けることが必要だ。

« 目立つ間接的表現、見えにくい首相の考え 安倍談話 | トップページ | 内閣支持初の40%割れ=不支持が上回る-安保法案、過半数「今国会反対」 »

平和」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/62083538

この記事へのトラックバック一覧です: 命と向きあう教室 ~被災地の15歳・1年の記録~:

« 目立つ間接的表現、見えにくい首相の考え 安倍談話 | トップページ | 内閣支持初の40%割れ=不支持が上回る-安保法案、過半数「今国会反対」 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31