« 憲法学者15人 リレートーク  雨の国会前「平和主義終わらせない」 | トップページ | スウェーデンの福祉にみる普遍主義と社会権 »

2015/07/05

戦後日本社会における憲法秩序を問う

11009202_916402245087188_4598924597 リレートークを少し早めに抜けて、金曜日の夜はこちらへ。森さんの講演を聞きにいくと、決まって第一声は、お前何しに来てるんや。愛されてるって実感(笑)。
 さて、講演は、時間ぴったり、だじゃれも計算され尽くしていて、完璧。さすが、つかみで、ドイツと日本の「戦後」の比較をして、問われている「戦後社会」をうきぼりにする。そのうえで、日本の「戦後」を憲法という点で考えるうえで、「2つの法体系」の話へと。いまの戦争法の問題を考えるうえでも、アメリカの戦略、日米同盟の動向というものがとっても重要になっている。全体として、立憲主義や民主主義という角度が重視されているだけに、こういう議論の組み立てはとっても参考になる。うなった次第。
 ボクにとって、最初に憲法を学んだのは、長谷川正安さんの本。そんなことも思い出す。直接、ごいっしょに仕事をさせていただく機会は、なぜかなかったのだけど(洋三さんのほうは、結構、仕事をさせていただいた)、間接的に、ちょっとご迷惑をかけたことがある。それは遺稿集で、少し働いて、お詫びをしたという感じ。

 終わった後、うちの職場の森さんにお世話になっているメンバーで、あれこれ情報交換。

« 憲法学者15人 リレートーク  雨の国会前「平和主義終わらせない」 | トップページ | スウェーデンの福祉にみる普遍主義と社会権 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61840258

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後日本社会における憲法秩序を問う:

« 憲法学者15人 リレートーク  雨の国会前「平和主義終わらせない」 | トップページ | スウェーデンの福祉にみる普遍主義と社会権 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30