« 与党内“異論なし”なぜ、「反対」叫ぶ自民党議員に聞く | トップページ | 「【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた」の衝撃! »

2015/07/10

辺野古手続きに「瑕疵」 沖縄知事、承認撤回へ――正確にいうと取り消しでは?

 さて、いよいよ新しい局面を迎えることになるぞ。

辺野古手続きに「瑕疵」 沖縄知事、承認撤回へ(東京新聞)

 米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先、名護市辺野古(へのこ)沿岸部の埋め立てを承認した前知事の判断の是非を検証するため、沖縄県が設置した有識者委員会が、埋め立て承認手続きに「法律的な瑕疵(かし)(欠陥)」があるとの報告書を取りまとめる方向で調整に入った。今月下旬にも翁長雄志(おながたけし)知事に提出する見通し。複数の関係者が明らかにした。
 翁長氏は報告書を「最大限尊重する」と明言しており、辺野古阻止に向け、埋め立て承認取り消しに踏み切る公算が大きくなった。
 承認の効力が失われれば政府の移設計画の続行は困難となるため、沖縄防衛局は知事の取り消し処分を不服として、関係法を所管する太田昭宏国土交通相に行政不服審査法に基づき審査請求する可能性がある。
 関係者によると、有識者委は、防衛局による埋め立て承認申請書で示された辺野古周辺の環境保全措置を米側が確実に実施しない懸念が残っているのに、県が防衛局から十分な説明を受けないまま承認に踏み切った点などを問題視。環境保全や災害防止への配慮を規定した公有水面埋立法に抵触する可能性があると指摘し、法的瑕疵として盛り込む考えだ。有識者委は一月に設置された知事の私的諮問機関。埋め立て申請を審査した県職員から聞き取りするなどしてきた。
 政府は二〇一三年三月、公有水面埋立法に基づき、県に辺野古沿岸部埋め立てを申請。仲井真弘多(なかいまひろかず)前知事は同十二月「現段階で取り得ると考えられる環境保全措置が講じられ、基準に適合していると判断した」として承認した。

 ただし、正確に言うと、手続きに「瑕疵」があれば、承認という決定が、「撤回」ではなく、「取り消し」だ!つまり、承認そのものが誤りであり、なかったものにするということだ。いったん決定したが事情がかわったので、やめるという「撤回」とは意味あいがぜんぜんちがう。これが重要なのだと思うし、翁長さんは、ずっとそれを待っていたのだと思う。いよいよだ。

« 与党内“異論なし”なぜ、「反対」叫ぶ自民党議員に聞く | トップページ | 「【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた」の衝撃! »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61867406

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古手続きに「瑕疵」 沖縄知事、承認撤回へ――正確にいうと取り消しでは?:

« 与党内“異論なし”なぜ、「反対」叫ぶ自民党議員に聞く | トップページ | 「【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた」の衝撃! »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31