« 「河野発言は重大な問題」と非難 韓国、米国の慰安婦像設置「日本の名誉を毀損」 自民党提言の最終案判明 | トップページ | 「自衛官募集」中学生宅へ直接郵送 住民台帳基に »

2015/07/29

安保法案審議 首相、補佐官更迭を拒否

 なんか、参議院にきて、論戦の様相がだいぶ変わってきた感じになっている。政府は、安全保障環境の変容ということで、とりわけ中国の脅威を前面に出す。

安保法案審議 首相、補佐官更迭を拒否(東京新聞)

 安倍晋三首相は二十八日の安全保障関連法案に関する参院特別委員会で、礒崎陽輔(いそざきようすけ)首相補佐官が法的安定性を軽視するような発言をした問題に関し、野党の更迭要求を拒んだ。憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使を認めても法的安定性は維持されており、安保法案の合憲性に「完全に自信を持っている」と述べた。野党は安倍政権が憲法を軽視していると追及を強めた。
 安保法案はこの日、特別委で実質審議入りした。礒崎氏の発言については民主党の福山哲郎氏が「法的安定性を放棄して集団的自衛権をやると政府内の人間が認めている。こんな補佐官は更迭すべきだ」と迫った。
 これに対し、首相は「法的安定性を確保することは当然だ。疑念を持たれる発言は厳に慎まないといけない」と問題を認める一方、菅義偉(すがよしひで)官房長官が口頭で注意したとして処分には言及しなかった。福山氏は礒崎氏の特別委出席を求めた。…

 法的安定性など、この説明では関係なくなるからねえ。そもそも、軍事的な対応のために、憲法解釈を変えるということになれば、その解釈の変更は歯止めがなくなる。かなり、はっきりと、事態の判断などで政府の判断の幅を言うようになっていると思うし…。今日の質疑でも、小池さんのDDHをヘリ空母と言っての質問も、政府は事実上、それを認めている。空母はこれまで、憲法上もてないとされていたわけだからねえ。ここでも歯止めがない感じがするなあ。今後の論戦はどうなるんだろうか?

« 「河野発言は重大な問題」と非難 韓国、米国の慰安婦像設置「日本の名誉を毀損」 自民党提言の最終案判明 | トップページ | 「自衛官募集」中学生宅へ直接郵送 住民台帳基に »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61979179

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案審議 首相、補佐官更迭を拒否:

« 「河野発言は重大な問題」と非難 韓国、米国の慰安婦像設置「日本の名誉を毀損」 自民党提言の最終案判明 | トップページ | 「自衛官募集」中学生宅へ直接郵送 住民台帳基に »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31