« 【電子号外】辺野古承認、法的瑕疵を指摘 第三者委が沖縄知事に報告 | トップページ | 「テレビ見ない」20代16% 視聴短時間化に転じる »

2015/07/16

安保法案、衆院通過 野党は採決時に退席

 くそ。

安保法案、衆院通過 野党は採決時に退席(日経新聞)

 集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法案は16日午後の衆院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決し、衆院を通過した。安保法案は自衛隊法や武力攻撃事態法など改正10法案を束ねた「平和安全法制整備法案」と、国際紛争に対処する他国軍を後方支援するため、自衛隊の海外派遣を随時可能とする新法「国際平和支援法案」の2本立て。審議継続を求めていた民主、維新、共産など野党は裁決時に退席した。
 衆院本会議では民主、維新、共産各党が反対の討論をした。民主の岡田克也代表は「国民の理解もなく、戦後70年間、歴代内閣と国会が積み上げてきた憲法解釈を、一内閣の独断で変更してしまったのは大きな間違いだ」などと主張した。
 関連法案はただちに参院に送付される。国会会期は9月27日まで大幅延長されている。法案が参院に送付された後、60日たっても法案が議決されない場合、衆院の3分の2以上の賛成で与党が再可決できる「60日ルール」がある。与党は9月中旬から同ルールを適用できる。

 たたかう人がひろがる。ものすごい勢いで世論は変化している。しかし、そのまわりには、いろいろなことを考えつつ、やっぱり政治は変わらないと感じている層も少なくないのだと思う。たたかいの現場以外の、そういう国民的にもっともっと議論していかなければいけない層への働きかけも、いろいろ自覚してこそ。

« 【電子号外】辺野古承認、法的瑕疵を指摘 第三者委が沖縄知事に報告 | トップページ | 「テレビ見ない」20代16% 視聴短時間化に転じる »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

国会会期は9月27日まで大幅延長されている。法案が参院に送付された後、60日たっても法案が議決されない場合、衆院の3分の2以上の賛成で与党が再可決できる「60日ルール」がある。与党は9月中旬から同ルールを適用できる。

これを利用するならば、参議院において、まんまと騙されたふりをして、問責決議案を突き出すなりして、このような戦争法案そのものを、廃案に追い込むことを目的とするならば、60日ルールにより、参議院での集中審議により、幾らでも自民党にボロを出させることで廃案に追い込むか、そうでなければ、今度は公明党が、自ら建設的野党として生き残る道を選択するならば、衆議院での再可決を、民主党、維新の党、共産党と共に欠席することで、同時に参議院での問責決議案を利用して、衆議院での内閣不信任決議案により、自民党を容赦なく揺さぶり、自爆解散か、自ら総辞職に追い込み、自民党が自らが、日本会議ならびに核発電推進原理主義組織を道連れにして、一億総懺悔ではなく、内閣総懺悔により、歴史の闇の中にとっとと消えていく道を選択させることで、このような日本会議ならびに核発電推進原理主義組織などにしがみついているだけの連中に対しては、天皇陛下と共にそっと静かに暖かく見守って参りますので、どうぞ心行くまで、どんどん泣いていただく分には、構いませんので、これを誇りとして、幾らでもどんどん泣きながら、国際社会に幾らでもどんどん見せ付けて下されば、これだけで結構ですので、どこか人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして参りましょう、ということで応えていくしかございませんね。

日本経済なんかどうなろうと関係ないし、中国や韓国に経済規模で追い抜かれようが、構わないのだし、日本を追い抜きたければ、どうぞ追い抜いてください、ということで、どんどん追い抜かれ、どんどん敗北する道を自ら選択することで、大企業をはじめとする一部の金と権力の亡者にしてみれば、この代償として、どんどん過酷な負担をすることになろうとも、これくらいのことは幾らでも出来て当然のことだし、これを誇りとして、もっともっと、幾らでもどんどん負担をして、どんどん泣き寝入りすることを誇りとして国際社会に見せ付けていかれるならば、誇りを持って、そっと静かに暖かく見守って上げますので、どうぞ、どんどん「過酷な負担をして、どんどん泣き寝入りをして、どんどん一人負けをするのを誇りとして、どんどん没落して下さい、ということで応えて生きながら、幾らでもひっそりと静まり返った日本社会となって安定化させ、「国敗れて山河あり」というのを誇りとして、国際社会に幾らでも見せ付けて行くことを誇りとして、名誉ある孤立化をしながら、全人類が共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らして行くのを、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことを誇りとして、どんどんと没落させていくことで,自立・自律していく道を自ら選択していくことで、日本の運命を大きく変えて行くことにすればよいのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61895335

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案、衆院通過 野党は採決時に退席 :

« 【電子号外】辺野古承認、法的瑕疵を指摘 第三者委が沖縄知事に報告 | トップページ | 「テレビ見ない」20代16% 視聴短時間化に転じる »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31