« 米、日本との同盟強化重視 国家軍事戦略を発表 | トップページ | 学力調査、教員に「圧力」? 教育学者らが教員1044人に調査 »

2015/07/02

生活が「苦しい」と感じている世帯62.4%、過去最多

 何かしら、ニュースの出し方に切実感がないというか? ニュースそのものは相当、深刻で、切実なものなような気がするが。

生活が「苦しい」と感じている世帯62.4%、過去最多(TBSニュース)

 生活が「苦しい」と感じている世帯が全体の62.4%にのぼり、過去最多となったことがわかりました。
 厚生労働省は去年、およそ9000世帯を対象に所得と生活意識に関する調査を行いました。
 その結果、1世帯あたりの平均所得は528万9000円で前の年に比べ8万円あまり減りました。
 生活が苦しいと感じている世帯は前の年から2.5ポイント増え、62.4%にのぼりました。調査を始めた1986年以降で最も多くなっています。特に子どもがいる世帯は、67.4%が生活が苦しいと答えています。
 生活が苦しい世帯が増えていることについて、厚労省は「1世帯あたり平均所得が下がってきていることが背景としてあるのではないか」と分析しています。

 これがその調査。

1 世帯の状況
・高齢者世帯は全世帯の 24.2% <23.2%> と増加傾向
注:高齢者世帯は、65 歳以上の人のみか、65 歳以上の人と 18 歳未満の未婚の人で構成する世帯
・児童のいる世帯は全世帯の 22.6% <24.1%>、児童のいる世帯の平均児童数は1.69 人 <1.70 人>と減少傾向(7頁 表5・図6)
注:児童は、18 歳未満の未婚の人
・平均世帯人員は 2.49 人 <2.51 人> と減少傾向
2 所得等の状況
・1世帯当たり平均所得金額は 528 万 9 千円 <537 万 2 千円>
注:所得は、平成 25 年 1 月 1 日から 12 月 31 日までの1年間の所得
・生活意識が「苦しい」とした世帯は 62.4% <59.9%> と上昇傾向
注:生活意識は、5段階の選択肢であり、「苦しい」は「大変苦しい」「やや苦しい」の合計

« 米、日本との同盟強化重視 国家軍事戦略を発表 | トップページ | 学力調査、教員に「圧力」? 教育学者らが教員1044人に調査 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61827120

この記事へのトラックバック一覧です: 生活が「苦しい」と感じている世帯62.4%、過去最多:

« 米、日本との同盟強化重視 国家軍事戦略を発表 | トップページ | 学力調査、教員に「圧力」? 教育学者らが教員1044人に調査 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31