« 安倍内閣の支持率・不支持率が逆転 朝日新聞世論調査 | トップページ | 安倍内閣 「支持する」41%「支持しない」43% »

2015/07/13

安保関連法案 中央公聴会で賛否両論

 今日は、中央公聴会。そこでも、中身を見れば、論理的にどちらに理があるのかははっきりわかろうというものだけど。

安保関連法案 中央公聴会で賛否両論(NHKニュース)

 安全保障関連法案を審議する衆議院の特別委員会は13日、中央公聴会を開き、それぞれの公述人からは、安全保障上の観点から法整備が必要だという意見が出された一方で、法案は憲法に違反しており廃案にすべきだといった意見が出されました。
 この中で、与党が推薦した外交評論家の岡本行夫氏は「内閣法制局が『直接的な国土防衛以外の行動はすべて黒』としてきた判断が適切だったか考え直す時期だ。各国の善意と犠牲の上に日本人の生命と財産を守ってもらい『それでよし』としてきた国の在り方を転換できるか歴史的な分岐点にいる」と述べました。
 野党が推薦した東京慈恵会医科大学教授の小澤隆一氏は「今回の法案には看過しがたい違憲性が含まれている。要件の明確性と限定性が、武力行使の新3要件になったことで失われ、歯止めのない集団的自衛権の行使につながりかねず憲法9条に反する。憲法上多くの問題点をはらみ、廃案にされるべきだ」と述べました。
 野党が推薦した首都大学東京法学系准教授の木村草太氏は「『わが国の存立』ということばは、憲法9条違反の以前に、あいまい不明確ゆえにそもそも違憲だ。集団的自衛権の行使は憲法違反だが、政策的に必要ならば憲法改正の手続きを踏めばよい。憲法を無視した政策論は、国民を無視した政策論だ」と述べました。
 与党が推薦した同志社大学法学部教授の村田晃嗣氏は「多くの安全保障の専門家は法案にかなり肯定的だと思う。概念としてあいまいな部分があるのは否めないが、国際情勢は流動的で不明確な部分があり、仮想の事態の想定であいまい性を払拭(ふっしょく)しなければ法律が成り立たないというのは非常に難しい」と述べました。
 野党が推薦した法政大学法学部教授の山口二郎氏は「法案は専守防衛を逸脱し憲法違反だ。重要影響事態における後方支援の『現に戦闘が始まったら撤収するので危険ではない』という説明は荒唐無稽な空論だ。他国の武力行使との一体化は戦争への参加を意味し、自衛隊員と国民の危険をも高める」と述べました。

 ボクは、小澤さんの発言が、とても理路整然として、しかも、はっきりした論旨と、実態の告発も含め、よかったと思うんだけど、これに、産経新聞がかみついた。曰く、東京慈恵医大教授・小沢隆一氏「個別的・集団的問わず自衛権行使のためであっても武力行使はできない」。
 だけど、この発言は、吉田首相の発言を引きながら、そもそも論を簡単に説明した部分。本論は、ここから展開される。「もちろん、憲法9条をどのように解釈するか、学会には多様な説がある。しかし、多様な説が併存する学会の中で、集団的自衛権は違憲という点において、なかんずく、政府が長年、維持してきた集団的自衛権違憲論を、一片の閣議決定で覆すことに合理性、正当性がないという点について、幅広い一致がみられることに、今回の法案審議において特段の重視をお願いしたいと思う。法案の違憲性等について。私も呼びかけ人の1人である6月3日の発表の憲法研究者の声明が述べているように、今回の法案にはいくつかの看過しがたい違憲性が含まれている」と。
 その産経が、小澤さんの発言を全文紹介している。 ちゃんとよめば、法案の違憲性や問題点が、見事に浮き彫りになっているとしか思えないのだけど。

« 安倍内閣の支持率・不支持率が逆転 朝日新聞世論調査 | トップページ | 安倍内閣 「支持する」41%「支持しない」43% »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61882758

この記事へのトラックバック一覧です: 安保関連法案 中央公聴会で賛否両論:

« 安倍内閣の支持率・不支持率が逆転 朝日新聞世論調査 | トップページ | 安倍内閣 「支持する」41%「支持しない」43% »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31