« 高畑監督ら呼びかけ安保法案反対 大物監督・俳優ら賛同 | トップページ | 戦争法案衆院通過と新聞社説 »

2015/07/17

ライブ講義  徹底分析! 集団的自衛権

024046 やっぱり、見事な1冊だったなあ。この問題の第一人者だよなあ。もともと、自衛隊は違憲論者の著者だけど、ここでは、あえて、1954年の「専守防衛」ラインに押し戻すということを目的に論じている、そういう一冊。それだけに、迫力も十分。もちろん、最後には、そもそもの自説による平和の構築も論じるのだけど。
 だけど、大きな論点として、これまでの政府の解釈との関係で、今回の問題がなぜ問題なのかについての説明からはじまって、7・1決定の際に、当時容認した人への批判もシャープで、それは今につながる論点にもなっている。
 続けて、個々の問題の政府の議論の欺瞞と矛盾を、これまで制定されている(軍事的な)法制度とのかかわりでも論じていくのは、真骨頂。それをうきぼりにする資料が満載されていて、読んでいて好奇心が駆り立てられ、引き込まれていく。
 強行採決を、見ながら、自分で冷静になるために、もう1度、論点を見つめなおすために、あえて、この時期に読んでみた。

« 高畑監督ら呼びかけ安保法案反対 大物監督・俳優ら賛同 | トップページ | 戦争法案衆院通過と新聞社説 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61901045

この記事へのトラックバック一覧です: ライブ講義  徹底分析! 集団的自衛権:

« 高畑監督ら呼びかけ安保法案反対 大物監督・俳優ら賛同 | トップページ | 戦争法案衆院通過と新聞社説 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31